善玉菌は生きたまま腸に届かない?意外と知らない話 | 便秘解消情報局

善玉菌は生きたまま腸に届かない?意外と知らない話

<スポンサーリンク>
善玉菌は生きたまま腸に届かない?意外と知らない話

現実問題、善玉菌を生きたまま腸に届かせるのは、難しいと言われています。

その理由として大きいのが、消化酵素になります。

 

消化酵素は善玉菌自体を攻撃してしまいます

消化酵素は、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼの事で、炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられています。

 

これらは健康に必要なものなのですが、善玉菌はこのような色々な消化酵素に攻撃されてしまいます。

やっぱり、善玉菌も「消化」してしまうと言う訳ですね。

 

特に胃液にあたるプロテアーゼのタンパク質分解酵素のペプシンの影響が大きいかもしれません。

これにより、栄養が分解されてしまいますから、善玉菌が生きたまま腸に届くのは難しくなっているのです。

 

消化酵素は、人間が生きていくために必要なものですが、このような事にもなりうるのです。

善玉菌が生きたまま腸に届かないという事は、早く頑固な便秘をどうにかしたい人からすれば、本末転倒とも言えますね。

 

これを打開するために、どうにかして生きたまま腸に届けたいと思い、摂取量を増やすと思いますが、残念ながら、上手く行かない事と思います。

 

善玉菌を生きたまま届けるのは難しい

そういった事が続き、腸内環境が悪くなりますと、便秘や体調不良などになり、体の調子が悪くなるだけではなく、免疫力の低下などで体全般にも関わって来ます。

 

◯ こうならないためには、どうすれば良い?

乳酸菌やビフィズス菌といった腸内細菌を生きたまま摂取するのも大事ですが、その場合は、高純度オリゴ糖を摂取した方が良いかもしれません。

 

高純度オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす事が出来ますので、これを摂取した方が、外から取り入れるよりも早いと思いますし、確実ではないのでしょうか。

危険性等が気になる場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

◯ 高純度オリゴ糖は何が良い?

善玉菌を増加させる働きが期待出来る食品についてですが、どうしても外から摂取した方が早い、それだけ増えると思いがちですが、消化酵素などの影響で、直接数が増える訳ではありません。

 

善玉菌を外から摂取する事は、無駄にはならないのですが、増やす目的で摂取するのでしたら、高純度オリゴ糖の方が効率的です。

ですから、単純に腸内細菌を増やして、腸内環境を整えたい、良くしたいと考えているのでしたら、高純度オリゴ糖を取る事も知っておいて損は有りません。

 

高純度オリゴ糖は、消化酵素の力によって胃腸で、消化吸収されません。

 

直接、大腸に届きますから、安心して使用する事が出来ます。

その高純度オリゴ糖の中でも「カイテキオリゴ」が良いと言われていますので、これがお薦めになりますよ。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ