善玉菌は胃酸に負けてしまう?諦める前に! | 便秘解消情報局

善玉菌は胃酸に負けてしまう?諦める前に!

<スポンサーリンク>
善玉菌は胃酸に負けてしまう?諦める前に!

ヨーグルト等を食べて、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を摂取する人は、とても多いと思います。

しかし、これらは胃酸によって、簡単に分解されてしまい、生きたまま直接胃腸に届けるのは、とてもとても難しいのです。

 

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に負けるから意味は無い?

ですが、ヨーグルトを食べなくても良いのかと言われたら、食べないよりか食べた方が良いのは確かです。

 

何故、そうなるかと言いますと、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は、胃酸によって死滅してしまっても、残った成分が腸内環境に良い影響をもたらすからです。

 

また、胃酸によって死滅するという事は、生き続けませんから、毎日摂り続けた方が良いと言えます。

具体的に言うと善玉菌は腸内で、長くても4日程度しか生きられないと言われていますしね。

 

ヨーグルト等の一日の目安の摂取量としては、500グラムが良いとされていて、これを毎日摂るのが理想的と言えるでしょう。

 

善玉菌を増やすのも「楽」では無さそう・・・・

ですけど、毎日毎日500グラムものヨーグルトを食べ続けるのは、とても大変です。

飲むヨーグルト等で併用できるとはいえ、嫌いな人やお腹が元々弱い人だったら、大量に乳製品を摂取するのは難しいと思います。

 

それに、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を生きたまま直接胃腸に届けるのは難しいのですから、腸内細菌の数をすぐに増やしたいと考えている人なら他の方法が良いかもしれません。

最近では、摂取するヨーグルトの量を増やした方が良いとさえ言われる事がありますので、それだと体への負担も大きくなるでしょう。

 

もっと気軽で確実に善玉菌は増やせない?

そういった時にお薦めしたいのが、「カイテキオリゴ」等の高純度オリゴ糖です。

高純度オリゴ糖は、善玉菌と違い胃酸で分解されませんので、直接胃腸に届ける事ができます。

 

純度の関連性については、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

しかも直接届けるだけではなく、腸内の善玉菌の数を爆発的に増やしてくれるのです。

 

この高純度オリゴ糖は、ビフィズス菌等が養分にして、吸収をして、動きを活発化させ、細胞分裂をして、その数をどんどん増やすと言われています。

ですから、良い腸内細菌の数を増やしたいと考えているのでしたら、ヨーグルトも良いですけど、高純度オリゴ糖も併せて摂取した方が良いのです。

 

腸内環境が良くなれば、体全般に良い影響がありますし、毎日大量の量を必要としなく、体への負担が少ないのが高純度オリゴ糖になります。

ヨーグルト等の乳製品も体に良いですけど、効率も考えた摂取方法を取り入れた方が良いでしょう。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ