大腸の病気が揚げ物好きに多い理由【それでも止められない人へ】 | 便秘解消情報局

大腸の病気が揚げ物好きに多い理由【それでも止められない人へ】

<スポンサーリンク>
大腸の病気が揚げ物好きに多い理由【それでも止められない人へ】

健康診断等で大腸の病気を発症してしまう可能性が有ると指摘されてしまった方や、過去に大腸に関する病気を発症された事が有る方なら心当たりが有ると思いますが、どちらかと言うと揚げ物等の脂っこい食事が多く、好んで食べてしまっている傾向が有ります。

 

現在、女性の死亡率の高い病気の1位は大腸がんで、胃がんを軽く追い抜いています。

30.4人に1人の確率で大腸ガンで死亡しており、学校で言う所の1クラスに1人は大腸ガンで死亡している計算です。

 

お世辞にも揚げ物は体に良いとは言い難く、大腸の病気や生活習慣病の原因になるとは言われていますが、一体何が大腸に悪さを働いているのでしょうか?

 

【大腸の病気】具体的に揚げ物の何が体に悪いのか?

揚げ物には「コレステロール」と「中性脂肪」が多く含まれている事が有名ですね。

 

ほぼ毎日テレビコマーシャルや新聞、雑誌等でも「この商品にはコレステロールを抑える・・・・」「中性脂肪が高い人は・・・・」と言った宣伝文句や注意喚起が多く、逆に不足しがちな人も多く見られている位です。

 

◯ 大腸の病気とコレステロール(悪玉)、中性脂肪の関係

揚げ物等を摂った場合、コレステロールは小腸で吸収された後、肝臓や血液中へと吸収されます。

 

肝臓に吸収されたコレステロールは血液中へと溶け出し、動脈硬化等を引き起こす原因となり、大腸へと到達したコレステロールは大腸の病気を引き起こす原因となります。

 

また、揚げ物には中性脂肪が沢山含まれていて、血液中に多い人は、高い確率で大腸ポリープや大腸を発症しているといったデータも有ります。

ちなみに腸内の善玉菌はコレステロールを変質させる働きがあり、身体に吸収しにくい性質に変えたり、善玉菌自体を吸収してくれる善玉菌も居ます。

 

大腸の善玉菌の直接的な栄養となり、善玉菌を増やす働きが有るのは、「オリゴ糖」と「酪酸菌」が有名ですね。

 

大腸ポリープ切除後の食事に関しては、「大腸ポリープ切除後の食事に関して注意するべき事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

大腸の病気が気になるけど、揚げ物が止められそうにない人へ

極端な話かも知れませんが、揚げ物や肉等を食べない場合、食べる事が好きな人からすれば楽しみを1つ奪われてしまったような物ですし、タンパク質やビタミン等が不足してしまい、健康的とは言えませんね。

 

大腸の病気は揚げ物が多い等の食生活が原因で有る事は分かっているのですから、日頃からお通じを良くする事やコレステロールの吸収自体を抑える働きの有る物を食べる事で、ある程度は抑える事が可能ですね。

 

もちろん、日頃からトマトやタマネギ、小松菜やアスパラ、きのこやニンジン、ほうれん草やレンコン等の野菜を沢山摂る事や、魚中心の食生活、海藻類を沢山食べる事等も大切ですね。

 

揚げ物が好きな人だけでは無く、便秘や下痢がちで大腸の病気が心配な方は、高純度のオリゴ糖や生きて腸に届く乳酸菌、豊富な食物繊維を意識して毎日摂るようにしたですね。

 

また、最近はオオバコの種皮を使用した食品も人気で、食事中のコレステロールや脂等を巻き込みながら体外へと排出される働きが有り、体内に吸収される事が難しい状態に変化しますので、コレステロール等の吸収を大幅に下げる効果も期待する事が可能です。

 

同時に胃や腸の水分等を吸収して膨らみながら大腸を通過するので、どうしても食べ過ぎてしまう人でも十分な満腹感を得る事が可能です。

満腹感がなかなか感じられない場合は、十分な水分と一緒に摂る事によって、より一層膨張性が上がります。

 

もちろん、便秘解消にも非常に効果的で、厚生労働省から特定保健用食品として認められている程です。

オオバコが主成分の健康食品は沢山有りますが、「トクホ」に認められている成分と言う事も有り、怪しい商品が多いのが実情です。

本当の意味で信頼出来るオオバコを使用されるのでしたら、「おなか端麗」と呼ばれる健康食品が効果的です。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ