大腸ポリープは食事で予防出来る?便秘との関係と具体的な食事内容について | 便秘解消情報局

大腸ポリープは食事で予防出来る?便秘との関係と具体的な食事内容について

<スポンサーリンク>
大腸ポリープは食事で予防出来る?便秘との関係と具体的な食事内容について

大腸ポリープは良性の物が多く悪性の物であっても、早期切除出来る場合が多く、大腸ガンに比べると、そこまで深刻な病気では無くなって来ていますね。

ですが、大腸ポリープが一度出来た人は、2度目3度目と、大腸ポリープが出来てしまう確立が非常に高いのが特長です。

 

大腸ポリープの芯は、簡単に発見したり摘出する事が難しく、いたちごっこに近い状態になってしまいますね。

「若い頃の不摂生が来た」と言われて諦めてしまう人が多いのですが、食事等を見直す等をして改善すると、大幅なリスク削減に繋がりますし、再発の可能性を軽減する事は可能です。

 

それに、大腸ポリープが簡単に切除出来て良性の場合が多いとしても、悪性化したり、大腸がんになる可能性も有ります。

大腸ポリープの出来やすい人の多くは同時に便秘がちな人が多く、大腸ポリープが出来てから便秘になる人も多い位、便秘とは密接に関係しています。

 

特に若い頃に脂っこい肉や揚げ物、ジャンクフードが好きだった人は大腸ポリープが出来る確立が高いです。

ですが、現在それなりの年齢であっても、ほんの少しだけ食事を意識するだけで、再発や発生の確立を大幅に改善する事が可能です。

 

大腸ポリープの原因となる食事と改善方法

 

◯ 牛肉・豚肉・鶏肉等の肉類の脂の多い部位は避けて、脂身の少ない部分や魚を選ぶ

 

ロースやばら肉、もも肉は、どうしても脂が多くなってしまうので、フィレ肉、ささみ等を選ぶようにして行きたいですね。

 

焼き油等の量を減らし、「グレープシードオイル」や「ゴマ脂」等で炒めるようにすると、悪玉コレステロールの量を大幅に減らす事が出来ます。

出来れば、肉よりも魚の料理の方を多くしたい所ですね。

 

◯ 野菜の比率を増やす

大腸ポリープが出来易い人は脂っこい物が中心の食事な事が多く、全体的に野菜が少ない食事内容ですね。

 

大腸ポリープは便秘がちな人に多く、大腸ポリープが出来ると便秘になり易くなり、より一層大腸ポリープが出来易い環境になります。

毎日の食事の野菜の比率を増やすのが一番ですが、難しい人は「野菜ジュース」や「青汁」を意識して飲んでみると効果的です。

 

◯ 善玉菌を増やして悪玉菌を減らす食事

便秘を解消して腸内環境を正常化する事によって、大腸ポリープが出来にくい身体にする事が可能です。

 

先ほどでも触れましたように、野菜の比率を上げて食物繊維の量を増やしたり、ヨーグルトを意識して摂る事でビフィズス菌を増やす事も効果的です。

悪玉菌を一番効率的に減らすには、善玉菌の餌となるオリゴ糖が効率的で、一般的に市販されている加糖タイプでは無く、高純度の物を選ぶようにすると良いですね。

 

大腸ポリープ切除後の食事に関しは、「大腸ポリープ切除後の食事に関して注意するべき事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

◯ 食事制限等をする自信が無い場合

私の父もそうですが、食事自体が大好きな人は、大腸ポリープを作っては切り、作っては切りの繰り返しです。

私自身どうすれば食事環境を改善してくれる物や、青汁やら色々試して来たのですが、「オオバコ」種皮のコレステロールと食事中の脂肪を吸収する力や便秘解消効果が効果的ですね。

 

また、「オオバコ」関連の商品は沢山有るので色々試して来ましたが、「おなか端麗」が一番効果的でした。

 

以前は大腸ポリープの再発を繰り返ししていたのですが、今は再発も無く、以前は高いと指摘されていた血圧も低く安定してくれたので、本当に重宝しています。

厚生労働省から特定保健用食品として認められている点も安心して飲めるポイントですね。

 

ですが、全てのオオバコ食品が良いと言う訳では無く、名前ばかりで効果があまり期待出来ない商品も沢山あります。

本当に信頼出来るオオバコ食品でしたら、「おなか端麗」が効果的です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

One Response to “大腸ポリープは食事で予防出来る?便秘との関係と具体的な食事内容について”

  1. ABC より:

    オオバコ おなか淡麗ですか。さっそく薬店で聞いてみます
    ところで痔には枇杷の葉の焼酎つけはいかかでしょうか?

コメントを残す

このページの先頭へ