弛緩性便秘でお腹が張って、おならが辛い時は? | 便秘解消情報局

弛緩性便秘でお腹が張って、おならが辛い時は?

<スポンサーリンク>
弛緩性便秘でお腹の張って、おならが辛い時は?

便秘が続いてしまうけれど腹痛は無い事や、お腹が張ってウエストがきつく感じてしまう事は女性だけでは無く、男性でも辛いです。

この状態を放置してしまうと、便は出ないのにも関わらず、オナラが出過ぎて困る事や、下剤を飲まないと思うように排便が出ない事で悩まされてしまう可能性が高くなります。

 

この状態の腸は、弛緩してしまっている可能性が高く、「弛緩性便秘」を引き起こしてしまっている可能性が高いと考えられます。

 

弛緩性便秘な何故起きてしまうのか

全身の筋肉の衰えが腸にも現れてしまう事や、下剤を使用する頻度が高い場合に起きてしまい易く、腸の「蠕動運動(ぜんどううんどう)」等の機能が著しく低下してしまう事によって引き起こされてしまいます。

 

便秘がちだとしても腹痛が無く、お腹が張って「胸やけ」や「のぼせ」が出る度に下剤を服用してしまう方に傾向としては多いです。

「ダイオウ」「センナ」「アロエ」等を使った「アントラキノン系」、「フェノールフタレイン系」等の強い下剤」を使用する場合、腸に対する副作用があります。

 

ここで多くの方が誤解されている事が有り「下剤は、根本的に便秘を治すものでは決して有りません」と言う事です。

「非常に強力な下剤」であったとしても、意外とカワイイ錠剤が、沢山販売されています。

 

購入当初は、全部使い切るまで使ってしまおうと言う方は殆ど居ないと思います。

ですが、便秘の度に下剤を利用する方の殆どは、最終的には足りなくなり、下剤を購入し続けてしまいます。

 

高確率で「下剤依存」になってしまいますし、比較液誰でも陥り易い「依存症状」です。

 

何故、下剤の使用で弛緩性便秘になるのか

先ほど説明させて頂いた通り「強い下剤」は、刺激を与える事によって「蠕動運動(ぜんどううんどう)」を促します。

「腸の動き」を無理やり痙攣させる事よって排便させる薬剤です。

 

腸を刺激する事によって、その時は排便する事が可能ですが、徐々に耐性が出来て行き、腸が緩んだ状態み、排便する機能自体が低下してしまいます。

この状態が「弛緩性便秘」と言われる状態で、下剤無しでは便意を感じる事はおろか、排便する事自体が難しくなります。

 

弛緩性便秘を改善する為に

便秘は「大腸ガン」「腸管内の癒着」等を引き起こしてしまう可能性も有ります。

「摘便(てきべん)」や手術でしか摘出出来ないような、酷い便秘になってしまう可能性も十分に有りますし、20歳代と言う若さで無くなられたケースも有ります。

 

腸に原因が無いのであれば、「弛緩性便秘」も生活習慣の見直し等によって改善する事も可能ですし、下剤に頼る事無く自然な排便を手に入れる事も可能です。

この場合、一番先に優先して改善するべき事は、「腸内環境の最適化」です。

 

「弛緩性便秘」で悩まれているお腹の中では、本来必要な筈の「善玉菌」が死んでしまい、その隙間を埋め尽くすように「悪玉菌」が大繁殖してしまいます。

また、腸が動かなくなってしまうと、腸のコーナー部分に便がこびり着いたようにして残ってしまいます。

 

時間の経過と共に腐敗したような有毒なガスが異常発生し、「オナラ」が毎日何回も出て「腹痛もない」状態で「お腹が張り」ます。

腸内環境を理想的な状態にする為には、善玉菌を増やす事を一番に優先する方が効率的です。

 

腸内環境を理想的な状態にする為に

もちろん、下剤を使用する事を止める事が大切ですが、今すぐに下剤の使用を中止したとしても、今のままでは便秘は改善されない事が多いと思います。

弛緩性便秘は、全身の特に腹部の筋力の低下によっても引き起こされてしまいます。

 

ですが、今から腹筋を始めたからと言っても、弛緩性便秘が改善出来るようになる為には、時間がかかり過ぎてしまいます。

また、定番と言われている「乳酸菌」は、消化液に分解され、悪玉菌と残存する善玉菌に攻撃されますので、期待は出来ません。

 

そして、「食物繊維」に関してですが、便秘がちで排便が困難な状況で摂取しても、人間には消化出来ない「繊維質」である事には変わり有りませんので、逆効果になる事もしばしばです。

でしたら、弛緩性便秘で減少してしまった善玉菌に対して適切な栄養を与え、現存する善玉菌の量を増やす事が一番効率的です。

 

腸内の善玉菌を増やす事が出来るのは「高純度オリゴ糖」で、腸内の善玉菌の栄養分になりますので、爆発的に善玉菌を増やし、悪玉菌の比率を下げる事が可能です。 

これまでの高純度オリゴ糖では、効く場合と効かない場合が腸内環境によって左右されましたが、「EOS理論」の発見により、どのような腸内環境であっても効果が出る高純度オリゴ糖「カイテキオリゴ」が製造されました。

 

効果が有るのか不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

理想的な腸内環境について

確かに、腸内環境の最適化には高純度オリゴ糖が最も有効的だと言われて来ました。

オリゴ糖と腸内細菌には本当に沢山の種類が有り、それこそ天文学的な組み合わせが必要でした。

 

先ほどの「EOS理論」の発見により、特定の30種類の高純度オリゴ糖を配合する事によって、どのような腸内環境であっても、最適な善玉菌数に出来るようになりました。

「EOS理論」に基いて配合された高純度オリゴ糖は一種類しか存在しません。

 

確かに、摂取したからと言って弛緩性便秘が即日に完治する事はあり得ません。

ですが、巷に存在する沢山の情報を鵜呑みにしていたままでは、情報に流されたままになってしまいます。

 

もちろん、効果的ですが、それ以外に何の対策をしない事は効率的とは言えません。

発酵食品や野菜等を意識して摂取し、普段から姿勢を良くする事も意識すると、自然と腹筋は付いて来ます。

 

どうしても下剤が飲みたくなってしまうかも知れませんが、確実に改善出来ますので、決して最後まで諦めないで下さい!

私も確信していますし、応援しています。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ