弛緩性便秘とダイエットの関連性【今日から出来る対処法】 | 便秘解消情報局

弛緩性便秘とダイエットの関連性【今日から出来る対処法】

<スポンサーリンク>
弛緩性便秘とダイエットの関連性【今日から出来る対処法】

弛緩性便秘はダイエット中に起きる「恒常性維持機能(ホメオスタシス)」と同時に起きる事も有り、特に美容の一環で食事制限している人からすれば、非常に嫌な症状だと思います。

 

また、「お腹すっきり系」のサプリメントやお茶には、腸を刺激して排便を促すタイプの商品も多く、知らない間に弛緩性便秘の原因となる成分を定期的に摂ってしまっていると言う場合も多いですね。

 

サプリメントやお茶等で身体が健康になって来たと言うよりは、下剤効果によって無理矢理排便しているだけでしたと言う事も多々有ります。

 

これらと共通して言える事は、最終的には非常に頑固な便秘になる可能性が高く、「便意が無い」「非常に固い」「うさぎのようなコロコロした便」等の次のステージが待っています。

 

弛緩性便秘とダイエットの関係 【サプリメントやお茶には危険な物も・・】

弛緩性便秘は凄く乱暴な言い方をすると、「腸がゆるむ」「腸が動かない」と言う事です。

 

腸は「蠕動運動(ぜんどううんどう」と言う無意識的な筋肉の働きによって便を動かし、便意を感じて排便すると言う流れです。

 

ですが、この腸を動かす筋肉の働きが著しく低下してしまう事によって、腸を動かす筋肉の働きが低下して弛緩性便秘と言う便秘になってしまうと言う事です。

 

この状態が完全に悪化してしまう状態だと、高純度のオリゴ糖や乳酸菌を摂っても効果が出るまでに時間がかかる事が多く、腸を刺激してしまう下剤や便秘茶に頼り、また症状が悪化していくと言う状態になります。

 

弛緩性便秘とダイエットの関係 【何をするべきなのか?】

弛緩性便秘を改善する方法はほぼ3個しか有りません。

非常にシンプルと言えばシンプルで、それ以外では根本的な原因を改善する事は出来ません。

 

◯ アンチエイジング

弛緩性便秘との関連がイマイチつかめないかも知れませんが、筋肉の機能は加齢とも深く関係しています。

当然、揚げ物や出来合いの食べ物は調理後に時間が経っているので、「酸化」した状態です。

 

「酸化」した物ばかり食べてしまうと身体も急激に酸化してしまいますので、それを繰り返してしまうと実年齢よりも老化した状態になってしまいます。

 

普段からロース等の脂っこい肉→ヒレ肉や白身魚、うどんやパスタ→大豆や納豆、サラダ油→オリーブオイルやグレープシードオイルが良く、ご飯の量を減らして野菜を摂るようにしたいですね。

 

◯ 駄目って言ったけど・・・・・

トウガラシやコショウ等の香辛料や炭酸系、ワイン等のアルコールには、腸を適度に刺激する働きが有り、弛緩性便秘にも有効です。

 

ですが、摂り過ぎると駄目です・・・・

弛緩性便秘を解消するには、腸内環境を改善する事が大切です。

 

カイテキオリゴのように、自然のてんさいから抽出した、100%に近い純度のオリゴ糖なので弛緩性便秘の改善にも効果的です。

 

効くのか不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

◯ 腸周りの筋肉を増強する

弛緩性便秘は元々、全体的に筋肉が低下してしまう高齢者や病後の方に多かったのですが、タンパク質等のように筋肉を作り出す為に必要な食品を摂っていない人も陥りやすく、ダイエット中の方や姿勢の悪い状態で長時間座っている癖の方にも多いです。

 

腹筋や運動ももちろん弛緩性便秘やダイエットに有効ですが、姿勢を良くして座るだけでも、腸周りの筋肉を増強する事は可能です。

 

◯ 食物繊維をしっかりと摂る

ゴボウやレンコン、豆類や緑黄色野菜、サツマイモやジャガイモ等の食物繊維が豊富な物を積極的に摂るようにして、わかめ等の海藻類、切り干し大根やひじき等の繊維質もオススメです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ