桂枝加芍薬大黄湯が便秘に効く理由と注意点 | 便秘解消情報局

桂枝加芍薬大黄湯が便秘に効く理由と注意点

<スポンサーリンク>
桂枝加芍薬大黄湯が便秘に効く理由と注意点

桂枝加芍薬大黄湯は、体力が普通の方から体力が低めの方に処方される事が多い便秘漢方薬の一つで、新陳代謝の低下や冷え性が原因で習慣化してしまった比較的頑固な便秘に適しています。

また、お腹にガスが溜まり、張って苦しい時や軽い腹痛が続く時、開腹手術後の排便異常にも処方されます。

 

「しぶり腹」と呼ばれる「明確な便意を感じているにも関わらず、思うように排便が出来ないと言う場合にも処方される事も有ります。

 

便秘体質の改善に良い理由

桂枝加芍薬大黄湯は、「桂枝(けいひ)」「大棗(たいそう)」「生姜(しょうきょう)」「芍薬(しゃくやく)」「甘草(かんぞう)」「大黄(だいおう)」

「桂皮」は、胃の機能を回復させたり、熱を下げ、痛みを和らげる効果が期待出来、「大棗」は、便秘に限らず、症状を抑えたり鎮めたりする効果が期待されています。

 

「生姜」は、新陳代謝の向上や胃や腸の活性化、低体温や血流の悪化が原因での便秘に効果が期待されています。

「芍薬」は、痛みや炎症を抑え、筋肉や筋等をほぐし、「甘草」は、痛みや炎症、アレルギー反応等を和らげる効果が期待出来ます。

 

「大黄」は、下剤にも含まれている成分の一つで、腸の動きを活性化させる事が出来、比較的便秘を改善させる働きは強いです。

このように、桂枝加芍薬大黄湯の全成分を見ると、「大黄」が便秘体質の改善に働きかけ、他の成分が痛み等を和らげる等の補助的な役割を果たしています。

 

桂枝加芍薬大黄湯が適していない場合

体力が低下してしまった方の便秘に処方される事が多いのですが、何らかのアレルギー体質で悩まれている方、妊娠中や授乳中の方、ストレス等でお腹が痛くなったり、下痢になったりする事が有る方には適していない場合も有ります。

また、ストレスや生活環境の変化等で胃や腸の機能が低下してしまっている方、食欲が低下してしまっている方には注意が必要です。

 

もちろん、桂枝加芍薬大黄湯は漢方薬ですので、医師や担当の方から処方された場合以外では飲むべきでは有りませんし、特にご高齢者様に処方する場合のトラブルが多く注意が必要です。

お子様の便秘に処方する場合は、トラブルの元になるだけですし危険性等も未知数ですので、医師や担当の方の処方無しでの服用は避けて下さい。

 

成分に甘草が含まれていますので、血圧等で医師に相談をした事が有る方は注意が必要です。

もし宜しければ、「桂枝加芍薬大黄湯の効果は?健康的な人は飲んでは駄目」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

One Response to “桂枝加芍薬大黄湯が便秘に効く理由と注意点”

  1. […] 桂枝加芍薬大黄湯が便秘に効く理由と注意点 | 便秘解消情報局 桂枝加芍薬大黄湯は、体力が普通の方から体力が低めの方に処方される事が多い便秘漢方薬の一つで、新陳代謝の低下や冷 […]

コメントを残す

このページの先頭へ