桂枝加芍薬大黄湯の効果は?健康的な人は飲んでは駄目 | 便秘解消情報局

桂枝加芍薬大黄湯の効果は?健康的な人は飲んでは駄目

<スポンサーリンク>
桂枝加芍薬大黄湯の効果は?健康的な人は飲んでは駄目

桂枝加芍薬大黄湯「けいしかしゃくやくだいおうとう」は、健康体そのものと言う方の便秘を改善するのでは無く、病気や体質、年齢等が原因で健康状態がそこまで良く無い状態の方に処方される漢方です。

健康状態がそこまで良く無い方に処方する漢方薬ですが、胃や腸が弱い状態で処方してしまうのは危険ですので、注意が必要です。

 

もちろん、体質やストレス等で「便秘」が「軟便」や「下痢」と繰り返して起きてしまうと言う状態の方にもあまり適しているとは言えませんので、独断で桂枝加芍薬大黄湯を服用してしまわないようにした方が良いです。

 

桂枝加芍薬大黄湯の効果について

一般的に市販されている下剤とは異なり、ただ単に、排便を促す事が目的では無く、「腹部膨満感」「慢性便秘」「腸の異変を感じてしまう位の腹痛」等の自覚症状が有る方で、胃に異常は無く、下痢や軟便等の腸の異変が無い方に効果的な漢方薬です。

 

桂枝加芍薬大黄湯を服用する場合の注意点

漢方や下剤等を服用されている方のトラブルで多いのは、他の下剤成分が配合された健康食品やハーブティーを知らず知らずの内に摂取してしまい、激しい腹痛や強い下痢、嘔吐感や胃痛等の症状が出てしまう事です。

漢方薬であれば「大黄(だいおう)」の重複は避けた方が良いですし、ハーブティー等であれば、「センナ」「キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)」は特に注意が必要ですし、リコリス(甘草)と桂枝加芍薬大黄湯は絶対に併用しないようにしなければなりません。

 

リコリス(甘草)と併用してしまうと、「偽アルドステロン症」を発症してしまう可能性が有り、非常に危険です。

桂枝加芍薬大黄湯に限らず、便秘体質に効果的だと言われて処方された薬や漢方薬を服用している時は、「お腹すっきり」「ぽっこり解消」等が目的の健康食品やハーブティーを摂取するのは控えるようにして下さい。

 

理由は、腹痛等のトラブルが起きてしまうからと言うだけでは無く、桂枝加芍薬大黄湯だけを摂取した状態で便秘への効果等を見ないと、それが効いているのか否かの判断が難しくなり、他の漢方薬へ変更するかどうかも判断出来なくなるからです。

また、医師から「高血圧」またはその疑いが有ると薬を処方されている方や、心臓や肝臓等に異常が有り、現在治療中や過去に治療をされた既往歴が有る方は、桂枝加芍薬大黄湯を使用される場合は、必ず医師に相談するようにして下さい。

 

もし宜しければ、「桂枝加芍薬大黄湯が便秘に効く理由と注意点」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ