潤腸湯はどのような便秘に効く? | 便秘解消情報局

潤腸湯はどのような便秘に効く?

<スポンサーリンク>
潤腸湯はどのような便秘に効く?

潤腸湯(じゅんちょうとう)は、「潤す腸」と言う名前からも分かるように、水分含有率が6割以下の「コロコロ」と固くなってしまった便秘等、長期に渡る頑固な便秘に対して処方される事の多い漢方薬です。

 

健康状態が良好で体力に満ち溢れている方よりは、体力が標準程度、もしくは体力に自身が無い女性、入院中等で全体的に体力が低下してしまった方、ご高齢者様の便秘に対して処方される事が多いです。

 

主に腸の機能自体が低下する事によって、排便する為にイキんでもなかなか出なかったり、腹筋の低下等が原因で起こる「弛緩性便秘」に対しても処方される事が有ります。

 

ですが、下剤の乱用等によって起きてしまう「弛緩性便秘」に対して処方される事は有りません。

 

潤腸湯の注意点

体力が標準程度の方で便が固くコロコロとした状態の便秘に処方されますが、胃や腸の機能が低下してしまっていたり、元々そこまで強い方だとは言えない方は、嘔吐感や下痢、軟便等のトラブルが出てしまう事が有ります。

 

医師や担当の方に潤腸湯を処方されてある程度以上の期間服用していたとしても、胸のムカつきや嘔吐感、軟便や下痢等の異常が有った場合は服用を中止するか、出来るだけ早く医師や担当の方に相談するようにして下さい。

 

時々居られるのですが、体力が標準程度(中程度)の方や、体力が低下してしまっていたり、健康状態が良好と言えない状況の虚弱気味(虚証、虚実)の方に処方される漢方は、効果が弱いと言う意味では有りません。

 

ですので、一部のデトックスティーやダイエットティー等のように、便秘を解消する事が出来ると言うニュアンスの事が記載されている場合は、潤腸湯に含まれている「大黄」等の便通を整える成分が重なってしまう場合も有りますので、注意が必要です。

 

水溶性食物繊維や非水溶性食物繊維程度であれば問題はありませんが、「センナ」「ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ)」「キダチアロエ」等の「腸を刺激する事によって辛い便秘を解消する」働きの有る物との併用は必ず避けて下さい。

 

また、潤腸湯には「甘草(かんぞう)」が含まれていますので、甘草が含まれている漢方薬との併用には注意が必要です。

もちろん、「甘草」または「メリロート」と原材料に記載されている食品や飲料を接収する場合に関しても注意が必要です。

 

もし宜しければ、「通導散は便秘のみ?女性の嬉しい味方」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ