通導散は便秘のみ?女性の嬉しい味方 | 便秘解消情報局

通導散は便秘のみ?女性の嬉しい味方

<スポンサーリンク>
通導散は便秘のみ?女性の嬉しい味方

通導散は殆どの場合、男性よりも女性に処方される事が多い漢方薬の一つです。

女性にしか分か無い、月経や更年期等に起きてしまいがちなホルモンバランスの崩れや神経による不調等、血液や体液等の流れの不調と同時に、便秘にも悩まされている時に処方されます。

 

俗に言う「リンゴ型」「洋なし型」「ぽっこり」等の肥満気味の体型で悩む方に適していて、体力や健康状態が良好な状態の方に処方されます。

今回は、通導散が「どのような便秘に対して処方されるのか?」について触れさせて頂きますが、特に便秘で悩んでいなくても処方される場合は有ります。

 

中国での利用は減りつつ有ると聞きますが、日本での利用率は高めの漢方薬です。

 

通導散はどのような症状に適している?

何週間も排便が無いような「頑固な便秘」や美容的な意味合いでの宿便に対してでは無く、お腹が張って苦しい場合や痛みを感じる時が有る場合に通導散は処方される事が多いです。

 

食事内容や運動不足等が原因と言うよりは、自律神経やストレス等によって、「循環」「巡り」の悪化が原因で起きる便秘に対して処方されます。

 

通導散の服用に適していない方

冒頭でも少し説明させて頂きましたが、肥満気味で健康状態が良好な方に対して処方される漢方薬ですので、元々身体があまり強いとは言えない方や体調の優れない方、胃腸が強いとは言えない方や、現在胃や腸の調子が良いとは言えない方には不向きです。

 

もちろん、妊娠中はもちろん、下痢や軟便等で悩まれている方にも適していません。

また、通導散は漢方薬ですので、薬とは異なり副作用の危険性は低いとは言われていますが、医師や薬剤師等の専門家の判断無しに購入してしまうのは危険です。

 

もし、便秘が原因であったとしても、通導散を独断で服用し、「倦怠感」「食欲減退」「胃や腸の不調」「吐き気や嘔吐」「腹部の痛み」等を異変を感じられた場合は、必ず医師に相談するようにして下さい。

 

通導散は便秘体質の改善以外にも嬉しい効果が

月経時のトラブルや更年期障害に陥りがちな様々な症状の緩和だけでは無く、腰の痛みや血圧が高めの方に対しても有効的です。

普段から血圧が高めで顔に「むくみ」が有る方に対しても有効で、爪が赤黒く見える方や頭痛、耳鳴り等に対しても処方される事が有ります。

 

血流や巡り等を良くする働きも期待出来ますので、ニキビ体質の改善や生活習慣病の改善への効果も期待されています。

もし宜しければ、「九味檳榔湯のダイエットへの効果は?落とし穴」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ