麻子仁丸でダイエット出来ると言う噂の真相 | 便秘解消情報局

麻子仁丸でダイエット出来ると言う噂の真相

<スポンサーリンク>
麻子仁丸でダイエット出来ると言う噂の真相

麻子仁丸は、慢性化してしまった便秘に処方される事が多い便秘漢方薬で、一概には言えませんが、以前よりもお通じが出にくくなった程度には強過ぎる成分構成だと言えます。

「お腹が張って太って来たように感じるのでダイエットしたい」と言う状況には適しているとは思えません。

 

「漢方薬は何となく下剤よりも身体に優しそう」と言う考えは危険で、麻子仁丸であったとしても結局は下剤と同じ成分が含まれていますので、下剤でダイエットしているのと何ら変わり有りません。

 

何故ダイエットに効く成分は?

麻子仁丸は「麻子仁(ましにん)」「芍薬(しゃくやく)」「枳実(きじつ)」「厚朴(こうぼく)」「大黄(だいおう)」「杏仁(きょうにん)」から構成されていますので、俗に言う「コロコロ便」に対して有効的だと言えます。

「麻子仁」はクワ科のアサの種子で腸を潤す事が出来、固くなってしまって排便が困難な位の便秘に良いです。

 

「芍薬」は、根を使用し、痛みや軽い痙攣を抑えたり、「収斂(しゅうれん)」と呼ばれる縮める効果、腸を緩める効果等が期待出来ます。

「枳実」は、ミカン科のダイダイの未熟な果実で、腹部膨満感や便秘に効果が期待出来ます。

 

「厚朴」は、モクレン科のホオノキの樹や根の皮を使用した物で、便秘に関しては、痛みや軽い痙攣を抑えたり、過剰になった腸管の機能を抑える効果や抗菌等の効果が期待出来ます。

「大黄」は、タデ科の外皮を除去した根を使用し、腹部膨満感や食欲不振、消化不良気味の場合や比較的強い便秘解消効果が期待出来ます。

 

「杏仁」は、バラ科のホンアンズの種子を使用し、呼吸器系のトラブルや胸の痛みを鎮めたり、むくみ取り等の効果が期待出来ます。

 

麻子仁丸服用時に注意点

成分と各効果効能を見て頂けると分かりやすいと思いますが、腸内を潤し、固くなってしまった便の水分含量を上げて排便させる事が目的ですし、更に便秘解消効果の高い成分が多数配合されています。

この事からも、ダイエット効果が期待出来るとは言えません。

 

よく、下剤を服用してダイエットしようとする方も居られますが、腸管から栄養を吸収する前に強制的に排出させているだけですので、必要不可欠な栄養も吸収出来ずにリバウンド率が高く、虚弱体質や痩せにくい「省エネ体質」になるだけです。

漢方薬は本来ならば、その時の体調や症状に合わせて処方される物で、高血圧や腹部膨満感が酷く、担当の医師からダイエット目的で処方される場合以外にダイエット目的で漢方薬を服用する事は賢い選択だとは思えません。

 

もちろん、麻子仁丸は体力が低下してしまっている方や標準的な体力の方、平常時であったとしても体力に満ち溢れているとは言えない方や標準的な体力の方に処方される漢方薬ですので、血圧が高めで体力に自信が有り、肥満傾向に有る方には適していません。

もし宜しければ、「麻子仁丸の副作用は?状況によっては危険」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ