黄連解毒湯の効果は?のぼせ気味にも効く | 便秘解消情報局

黄連解毒湯の効果は?のぼせ気味にも効く

<スポンサーリンク>
黄連解毒湯の効果は?のぼせ気味にも効く

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、健康的か虚弱気味かで言う所の中間辺り、もしくはそれ以上の体力をお持ちの方に処方される漢方薬です。

やや血圧が高めだと診断される方に適していて、「ほてり」や「のぼせ」のように身体が明らかに熱を持っている場合や、何らかの炎症によって引き起こされる熱にを静める効果も期待出来ます。

 

黄柏が配合されていますので、便秘だけでは無く、下痢や苦しくなる位お腹にガスが溜まっている場合に対しても効果的です。

 

黄連解毒湯の効果について

精神的なイライラや軽度の睡眠障害にも効果的で、神経系の乱れで悩む方にも処方される事があります。

軽度の更年期障害だけは無く、高血圧による様々な悩みに対しても有効的です。

 

また、軽度の皮膚トラブルに対しても効果的で、二日酔いや口内炎に対しても黄連解毒湯は効果的です。

非常に便利で常備薬にしたい方も居られるとは思いますが、独断で購入して服薬したり、断薬する事は危険な場合も有りますので、必ず医師や専門家の方に処方して頂き、変化が有る場合は必ず相談する必要が有ります。

 

効果はどの成分から来る?

黄連解毒湯は、「黄連(おうれん)」「黄芩(おうごん)」「黄柏(おうばく)」「山梔子(さんしし)」から構成されています。

「黄連」は、基本的にキンポウゲ科の根の茎部分を使用していますが、近い種類の物であっても使用される場合も有ります。

 

動悸や精神的なイライラを抑える効果だけでは無く、炎症を抑えたり止血する効果が期待出来ます。

「黄芩」は、「黄金花(こがねばな)」の根の皮部分を除いた物を使用しています。

 

細菌や雑菌等によって引き起こされる炎症から身体を守り、デトックス効果やアレルギー症状の緩和、熱やほてりを冷ます効果が期待出来ます。

「黄柏」は、ミカン科のキハダ属の葉を使用していて、腸内異常発酵等が原因の便秘や下痢を改善する効果が期待出来ます。

 

また、胃や腸の機能を向上させる効果も有りますので、消化器系が弱って来た場合に対しても効果的です。

「山梔子」は、さつまいも等を色よく茹でたい時にも使用する「クチナシ」の事で、血流を改善する効果が期待出来、手や足先の冷えや肩こりに対しても有効的です。

 

血流を改善させる効果が有りますので、血行不良が原因での便秘にも少しは期待出来、眼精疲労等の視覚的な疲れに対しても良いと言われています。

 

もし宜しければ、「八味丸の便秘への効果は?ご高齢者専用」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ