脇腹が痛い!左側の場合は病気の可能性?【緊急】 | 便秘解消情報局

脇腹が痛い!左側の場合は病気の可能性?【緊急】

<スポンサーリンク>
脇腹 痛い

脇腹が痛いと感じ、左側の場合、暴飲暴食や便秘、おなら等の軽度の場合から、肋骨や周辺臓器の異常が原因の場合まで様々です。

痛みの種類も、チクチクと内側から刺されているような痛みから、ズキズキとそこに心臓があるかのように脈打っているかのような痛みまで有ります。

 

痛みの種類は、内臓痛、神経痛、筋肉痛等の種類によって感じる度合い等が違いますので、ある程度原因が推測出来ると言う意見も有りますが、「我慢せずに病院受診していれば、こんなにも状況が悪くなる事は無かった・・・」と言う場合も有ります。

異常だと感じた場合は、病院受診する事が確実です。

 

特に左脇腹周辺には、生命活動に必要不可欠な臓器が密集していますし、潰瘍、炎症、感染症等を引き起こしている可能性も有ります。

実際問題、「肋間神経痛」等の神経痛、転倒、便秘やおならが腸管や他の臓器を圧迫していただけだと言う場合も多いです。

 

いたずらに不安を煽るホームページも存在しますので、焦らず、冷静に判断して頂く必要が有ります。

 

脇腹の左側が痛む原因に関して

「胃」「膵臓」「下行結腸(大腸)」が存在し、それらを守るように肋骨が覆っている状態で、脇腹の左側が痛む場合、これらの臓器と肋骨に異常が起きている可能性も有ります。

先程の臓器と肋骨よりも確率は低くなりますが、「胃」に覆い被さるような状態で「肝臓」の一部も左脇腹部分に存在し、上には「肺」、中心部分には「食道」が存在しますので、これらに異常が起きている可能性も有ります。

 

ですが、暴飲暴食、食後や急激な運動等でも起きてしまう場合が有ります。

 

暴飲暴食が原因で左脇腹が痛む理由

極度の空腹時やアルコール摂取等で、消化能力を超えてしまった時、脇腹の左側が痛いと感じる場合が有ると思います。

原因としては、消化器系の機能低下、消化能力が追い付いていない事、胃液の過剰分泌、胃腸周辺の臓器の圧迫等が考えられます。

 

これらは、時間の経過と共に症状が良くなって来たり、食事量を適量に戻す事によって簡単に改善出来る場合が多いのですが、痛みが決まったかのように空腹時にばかり出てしまったり、食後にばかり出てしまう場合は、「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」の可能性も有ります。

最近では、胃酸によって消化器系に潰瘍が発生してしまう病気を「消化性潰瘍」と呼ぶ場合も多いのですが、空腹時の痛みは「十二指腸潰瘍」、食後の場合は、「胃潰瘍」の可能性も有ります。

 

もし、嘔吐感や嘔吐、むねやけ、吐血、下血等の異常が有る場合、出来るだけ早く病院受診する事が望ましいです。

 

食後や急激な運動によって左脇腹が痛む理由

昔、小学校や中学校の体育の授業等で、脇腹を抑えながら頑張った経験が有ったり、ランナーのTV中継等で脇腹を抑えながらも最後まで諦めずに走っている光景を見た事が有ると思います。

ジョギングやランニングだけでは無く、ジムでトレーニングをされたり、自分では適度な運動をしているつもりでも、左脇腹が痛む事が有り、運動不足気味の方にも出やすいです。

 

比較的、誰でも起こる事なのですが、「横隔膜」と「膵臓」が痛みの原因としては多いです。

運動を行っている時、「肝臓」が大きく揺れてしまい、「横隔膜」が引っ張られてしまい、痛みが生じてしまう場合が有ります。

 

「膵臓」は、他の臓器を比較した場合、比較的小さな臓器ですが、血液中に含まれている血球を古い物から新しい物へ変える役割が有り、運動を行う時に活発化しますので、痛みが生じる場合が有ると言われています。

腸管内の便やガスが運動によって急激に動かされてしまう事が原因の場合も有ります。

 

また、姿勢が悪い状態で長時間過ごしたり、急に動く事によって、脇腹の左側が痛いと感じる場合も有りますので、テレビやゲーム、パソコンやスマホ等を長時間使用する場合、姿勢等にも気を付けた方が良いと思います。

 

脇腹が痛む場所や種類によって危険性が異なる?

痛みと言っても、神経痛、炎症、潰瘍等、様々な種類が存在しますが、大半は、

●運動をした時

●咳、くしゃみをした時

●ふと、姿勢を変えたり、動いた時

に起こる筋肉や神経が原因で起こる痛みだと思います。

 

筋肉が原因の場合、筋肉疲労が原因で、姿勢の悪さ、座りっぱなしが多く、ストレッチを取り入れたり、同じ姿勢で長時間居る事を避ける、軽い運動を取り入れる等の工夫が必要になります。

不安な場合は病院受診が確実ですが、湿布、マッサージ、整骨院等で改善出来る場合も多いです。

 

また、便秘やオナラが原因の場合も有ります。

ただ、

●「空腹時や食後」

●「咳ばかり出てしまう」

●「発熱や腰痛も出る」

等が起きてしまう場合は注意が必要な場合も有ります。

 

空腹時や食後に決まって、脇腹の左側が痛む場合、「胃・十二指腸潰瘍」の疑いが有り、咳ばかり出てしまう場合、肺に何らかの異常が起きてしまっている可能性も有ります。

発熱が腰痛が起きている場合、腎臓や他の臓器に異常が出てしまっている可能性も有ります。

 

脇腹の左側が痛む場合の対処法

運動する度、空腹時や食後、睡眠中等のように、決まった時に脇腹の左側が痛む場合や、痛みが数日から数週間以上続く場合は、病院で相談するのが1番です。

もし、運動時であれば、筋肉疲労、横隔膜、肝臓、膵臓、神経等から痛みが生じている可能性が有りますので、出来れば、運動を中止し、状態が悪いようでしたら、横になったり、リラックスして活発になった心臓や神経を落ち着かせる必要が有ります。

 

余裕があれば、脇腹の左側のどの部分が痛むのかをピンポイントで知っておき、

●皮膚部分が痛いのか?

●肋骨部分が痛いのか?

●胃の部分が痛いのか?

●奥の部分が痛いのか?

等を医師に説明出来るように把握しておくとスムーズに説明出来ます。

 

ズキズキ、ジンジン、チクチク、ピリピリ等の痛みの種類は、人によって感じ方が違いますので、参考程度にしかならないと言われていますが、一応は覚えておき、説明しておくと良いと思います。

また、ウイルス感染、打撲、帯状疱疹の可能性も有りますので、最近の日常生活で変わった点等が無かったのか等も思い返しておくと良いと思います。

 

脇腹の左側が痛むのは、肋間神経痛が殆ど?

肋間神経痛の痛みは、神経から来る痛みですので、ピリピリ、チクチクと言ういかにも不安になるような痛みが生じ易く、心臓、胃、肺の病気かと不安になる方も多いと思います。

状態によっては、激しい痛みが生じますし、断続的に痛んだり、数分以上続く場合も有ります。

 

「肋間神経」は、肋骨に沿うようにして流れている神経で、左右合わせて合計24本有る肋骨の数だけ存在します。

特に肋間神経痛は、左右共、上から数えて5本目から9本目辺りに発生し易く、両方の肋間神経から同時に痛みが出ると言う事は、殆ど無いと言われ、比較的、痛みが左側に出易いと言う特徴も有ります。

 

原因に関しては、姿勢の悪さだけでは無く、寒さ、ストレス等も大きく関係していますので、良心的な病院であれば、湿布位しか処方して頂けないと思いますが、肋間神経痛以外の病気を発症してしまっている可能性も有ります。

痛み止め薬や注射は、選択肢として間違っていると思います。

 

脇腹の左側が痛む事で考えられる病気

左脇腹周辺の臓器は、「胃」「膵臓」「腸」等で、様々な病気を発症してしまい易く、種類が多いのが特徴です。

また、重症化してしまった場合、緊急手術が必要な病気も有りますので、痛い状態が続いたり、発熱、嘔吐感や嘔吐、排便異常、下血等が有る場合は、病院受診が望ましいです。

 

●胃潰瘍

●胃腸炎

●胃がん

●十二指腸潰瘍

●逆流性食道炎

●肋間神経痛

●帯状疱疹

●膵炎

●膵石症

●膵臓がん

●虫垂炎

●大腸憩室炎

●大腸がん

 

胃潰瘍の場合

後述させて頂きます「十二指腸潰瘍」と同じように、胃酸に攻撃されて胃に潰瘍が出来てしまう病気で、「胃・十二指腸潰瘍」や「消化性潰瘍」と呼ばれる場合も有ります。

胃か十二指腸のどちらに潰瘍が発生してしまったのかについては、素人判断が難しいですが、胃潰瘍は食後、十二指腸潰瘍は空腹時に痛みが生じ易いのが特徴です。

 

ピロリ菌感染が原因の場合が殆どで、左脇腹の痛みが生じると言う事は、胃の上部に潰瘍が出来てしまった可能性が高く、コーヒーの残り滓(かす)のような物が混じる吐血が出てしまう場合が有ります。

胃の下部に発生してしまっている場合は、黒い下血が出てしまう場合が有り、出血している場合は、出来るだけ早く病院受診する必要が有ります。

 

嘔吐感や嘔吐、胸焼け等が報告されています。

 

胃腸炎の場合

食中毒菌による感染症が原因で起こる場合が多く、急性と慢性が存在します。

胃と腸の両方に炎症が起きてしまった場合ですので、胃だけの炎症は「胃炎」、腸だけの炎症は「腸炎」です。

 

高い確率で、発熱、嘔吐感や嘔吐、下痢等の症状が出ると思いますが、「下痢止め薬」は使用しない方が良いです。

ウイルスや細菌を出来るだけ体外に排出しようとしていますので、下痢止め薬で止めてしまった場合、体内で異常繁殖してしまう可能性も有り、非常に危険です。

 

もし宜しければ、「下痢止めは必要?下痢が止まらない時の注意点」の記事も参考にしてみて下さい。

 

胃がんの場合

胃潰瘍の場合と同じように、「ピロリ菌」感染が原因の大半だと言われています。

死亡率が高い病気の一つですが、特徴的な自覚症状が存在せず、胃の異常を自覚し、病院で検査を受けた時に発覚してしまう場合も多いと言われています。

 

十二指腸潰瘍の場合

先程の胃潰瘍と同じように、十二指腸が十二指腸液に攻撃されてしまった事が原因で起こる病気です。

胃潰瘍とは違い、消化液の濃度が濃い方に発症する確率が高いと言われています。

 

ピロリ菌感染の場合が大半で、空腹時に痛みが生じ易いと言われ、嘔吐感や嘔吐、胸焼け等が報告されています。

 

逆流性食道炎の場合

胃液や十二指腸液等の消化液が逆流してしまう事が原因で、食道粘膜を攻撃してしまい、炎症が起きてしまう病気です。

消化液だけでは無く、服用している薬、誤飲してしまった薬剤、ウイルスや菌の感染、放射線等が原因の場合も有ります。

 

嘔吐感や嘔吐、副膨満感、呼吸器系の異常等が報告されています。

 

肋間神経痛の場合

運動、動き始め、背伸び、姿勢を変えた時等に痛み始める事が多く、激しい痛みが伴う場合が多いです。

脇腹の左側が痛いと感じる原因の大半だと言われていますが、ちょっとした骨折や肋骨のヒビ、運動不足、ストレス等から、帯状疱疹や変形性脊椎症、がん等が原因の場合まで幅広く、あまりに続くようでしたら、病院受診が望ましいです。

 

帯状疱疹の場合

初期症状として、皮膚表面部分の神経痛が出易く、数日後には、「紅斑」「水疱瘡」等が出てしまいます。

安静にしていると状況が良くなる場合も有りますが、病院受診が望ましいです。

 

ストレス、加齢、疲労、免疫機能の低下、ウイルス感染等が原因として多く、合併症を引き起こしてしまう場合も有ります。

ちなみに、「紅斑(こうはん)」は、皮膚表面に赤いシミのような物が発生してしまう状況です。

 

「水疱瘡(みずぼうそう)」は、最初、「紅斑」が発生し、火傷の水ぶくれのような物が出来、最終的には、カサブタになります。

 

膵炎の場合

膵臓は、飲食物の消化分解を行う為に必要な消化酵素を生成する為の臓器です。

アルコール、胆石、脂質代謝異常等が原因で、膵臓が生成する消化酵素によって、膵臓が自己分解を起こしてしまう病気です。

 

上記以外には、原因不明の場合も多く、脇腹の左側に痛みが生じるのが特徴です。

痛みが背中側にまで広がる場合も有り、痛みの大きさも人によって違います。

 

発熱、嘔吐感や嘔吐、食欲減退等が報告されています。

胃潰瘍と同じように、食後に痛みが生じてしまう場合が多く、比較的どっしりとした脂っこい料理を食べた後に出やすいと言われています。

 

膵石症の場合

膵管内に「結石」が形成される病気で、「慢性膵炎」を発症してしまった方の内、約40パーセント前後の方が、膵石症を発症していると言われています。

膵液が通過する為の膵管が結石に遮られてしまいますので、強い腹痛、発熱、炎症等を引き起こしてしまう場合が有ります。

 

膵臓がんの場合

膵臓の位置は、胃の奥まった所に有り、胃の下に有る十二指腸と繋がっている状態です。

更に、人参のように、先に進むにつれて細長いくなるような形状をしていますので、他の「がん」よりも発見し辛く、発見されたとしても、ポリープのように良性腫瘍だったと言う事は少ないです。

 

「がん」が小さい状態であったとしても、リンパや肝臓へ転移しやすく、一気にあちこちへ転移してしまうと言う特徴も有ります。

つまり、見つけにくい場所に有り、がん化し易く、小さくても死亡率が高いと言う状況です。

 

膵臓がんを発症してしまう仕組みは解明出来ている訳ではありませんが、医師に肥満だと診断されてしまった方、慢性膵炎、糖尿病を発症している方に発症してしまう可能性が高いと言われています。

また、喫煙率が高い方の方が、発症してしまうリスクが高いと言われています。

 

体重の減少や食欲減退等が代表的な症状ですが、重症化してしまった場合、黄疸、白っぽい便が出る「灰白色便」が出てしまう場合が有ります。

 

虫垂炎の場合

15パーセント近くの人が発症してしまう病気で、虫垂に異物、糞便、飲食物、過剰に生成された組織等が虫垂の入り口付近を塞いでしまったり、狭めてしまう事等が原因です。

何らかの原因で、虫垂の入り口付近に潰瘍が発生してしまう場合も有ります。

 

状況によっては、その場から動く事が出来ない位の激しい痛みが生じてしまう場合も有り、腹腔膿瘍、腹膜炎、敗血症等を引き起こしてしまう可能性も有ります。

発熱、嘔吐感や嘔吐、食欲減退等が主な症状ですが、この状態が収まり、今度は右下腹部痛を感じるようになる場合も有ります。

 

初期段階では、微熱37度から38度程度の場合が多いのですが、穿孔性腹膜炎、腹腔嚢腫等を発症してしまった場合、40度近い高熱が出てしまう場合も有り、緊急手術が必要です。

 

大腸憩室炎の場合

腸粘膜が内側から外側に向けて嚢腫(のうじょう)に飛び出したような状態の事を「憩室(けいしつ)」と呼び、腸管内の圧力上昇等によって炎症が起きてしまった状態。

食事の欧米化、加齢、ストレス等が主な原因と言われ、先天性な要因も関係していると考えられています。

 

重症化してしまった場合、腸壁が弱っていたり、強い圧力がかかってしまった事が原因で、穿孔(せんこう)、つまり、憩室部分に穴が空いた状態になってしまったり、腸の閉塞等が起きてしまう場合も有ります。

発熱、排便異常等が報告されています。

 

大腸がんの場合

脇腹の左側が痛い場合、「下行結腸がん」の疑いも有ります。

食事の欧米化が深く関係していると言われていて、特に動物性脂肪、動物性タンパク質、慢性的な食物繊維不足が問題視されています。

 

早期発見が出来れば回復し易く、重症化してしまった場合の死亡率が高い病気の一つですが、目立つ初期症状が無く、健康診断のオプション等への積極的な参加が呼びかけられています。

ただ、腸管内の悪性腫瘍が、ある程度以上大きくなってしまった事が原因で、便の通過を阻害してしまったり、便等が当たって傷が出来てしまう事が有ります。

 

その時は、鉛筆のように細い便が出てしまったり、便秘、便秘と下痢が続く、残便感が残る等の排便異常、血便、血尿、貧血に似た症状、排尿障害、体重の減少等が報告されています。

 

便秘で脇腹の左側が痛む事は有る?

頑固な便秘が続いたり、おならが上手く排出出来ず、お腹が張って苦しい時、腸管内に便やガスが溜まります。

腸管に圧力がかかり過ぎてしまったり、他の臓器を圧迫してしまっている事が原因で脇腹の左側が痛いと感じる場合が有ります。

 

もし、便秘気味であったり、おならばかり出てしまう場合、

●海藻、豆類、根菜類等の繊維質を意識した食事

●脂身の多い肉や炒め物、揚げ物を控える

●食事以外に2リットル以上の水分摂取を目標にする

●自分に合った睡眠時間を確保する

●適度な運動を心掛ける

●ストレスを溜め込み過ぎない工夫をする

等を意識する事が大切です。

 

これらを意識しているにも関わらず、排便が上手く出来ていない場合、下剤や浣腸等を選択するのも一つだと思います。

ですが、ストレス・緊張・不安等で神経や腸が過敏になっている状態で下剤を使用する場合、注意して種類を選ぶ必要が有ります。

 

下剤の主流は、刺激系と塩類系の下剤で、腸が過敏になってしまっている状態で刺激系の下剤を使用してしまった場合、腹痛等の症状が悪化してしまう危険性が有るからです。

(参考「便秘薬が原因で、気がついたら下剤依存になる理由」)

 

下剤を選ぶ場合は、「酸化マグネシウム」等の塩類下剤か浣腸を選んだ方が無難ですが、身体にとってあまり良く無い事は確実ですし、根本的な意味で便秘の原因を改善しない限り、同じ状況を繰り返してしまう事になります

(参考「酸化マグネシウムは便秘に良くて安全?その考えは怖いです」)

 

左脇腹が痛いのは、病気のシグナルの可能性も

先程の病気だけでは無く、他の病気でも共通して言える事は、初期段階であれば、完全に治す事が出来るが、重症化してしまった場合、一生付き合う事になるか、死亡に繋がると言う事です。

もちろん、殆どの場合は、運動不足、便秘、老化、ごく軽度の肋骨の骨折やヒビ、肋間神経痛の場合が多く、安静にしていれば、回復する場合が殆どです。

 

ですが、左脇腹の痛みが続くだけでは無く、発熱、嘔吐感や嘔吐、排便障害、腹部膨満感が続くようでしたら、出来るだけ早く病院受診する事が望ましいです。

特にガン化してしまっている場合、どれだけ早く発見し、手術が出来るかによって、その後の回復率や生存率が大きく変わっていきます。

 

病院受診が出来る平日に休みが取れなかったり、忙しさ、受診料を気にされる方も多いのですが、実際に病気を発症してしまった方で、後悔しなかった人は、殆ど居ません。

もし宜しければ、「お腹が痛い!左下ばかり痛む時は危険?色々な病気について」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ