宿便は腸内洗浄でスッキリ出来る?以外と知られていない事実について | 便秘解消情報局

宿便は腸内洗浄でスッキリ出来る?以外と知られていない事実について

<スポンサーリンク>
宿便は腸内洗浄スッキリ出来る?以外と知られていない事実について

宿便と言う物は存在しないと言うのが一般的です。

自力ではどうにもならない位の頑固な便秘だと、「形成外科」「胃腸科」「腸内洗浄系のクリニック」に行くか、自宅で腸内洗浄を行うとスッキリ出来そうな気がしてしまうかも知れません。

 

特に最近は、腸内洗浄を行う事自体が「当たり前」「進んでいる」「海外では一般的」と言う誤解を受けるような情報も多いのが原因だと思います。

ですが、それに伴い、トラブルも多いのが実際の所です。

 

皆様こんにちは。ご覧頂き感謝します。便秘解消情報局です。

また、ニキビ等の肌荒れ、花粉症やアトピー等のアレルギー症状が、腸内環境と密接に関係していますし、積極的に宣伝されていますので、即効性の高そうな「腸内洗浄」に魅力を感じてしまう方も多いと思います。

 

繰り返しますが、私達が想像している「宿便」は、頑固な便秘の延長線上でしか有りません。

それを腸内洗浄でどうにかしませんか?

 

と言うのは、正直な所、あまり信用出来ない気もしてしまいます。

本来、宿便と言う言葉は、医学的にも使われますが、手術等で邪魔になるような数百〜1キロ近い便の塊の事を意味しています。

 

表面は柔らかく、摘便や下剤等を使用して排出させるのが基本ですが、それは、寝たきりや著しく体力が低下してしまっている方の腸内に存在する場合が多いです。

ですので、普通に日常生活を送っている範囲では、滞留しにくいと思います。

 

私達一般人に必要な場合は、「大腸内視鏡検査」や「大腸ポリープ手術」、「寄生虫除去」等を受ける前です。

それを、

「◯◯さんのお腹の中には、4キロ以上の宿便が有りますので、腸内洗浄で・・・」

と言うのは、あまりにも信用出来無いように感じてしまいます。

 

「セルライト除去」に近い怪しさが有り、信憑性が低い「疑似科学」です。

 

宿便と腸内洗浄について【真実】

最近は自宅でも簡単に腸内洗浄が出来てしまうキットも販売されています。

(最近、健康に悪いと注意喚起されていましたが・・・)

 

また、色々なサプリメントや便秘茶等も販売されていますし、各メーカー共に切磋琢磨している状況です。

その事も有って、便秘になる事自体がすごく健康に悪いような情報も沢山ありますので、不安になると思います。

 

確かに、便秘を放置しておいても身体に良い事は何一つとして有りません。

ですが、即効性や簡単さを求めてしまい過ぎてしまい、より便秘が酷くなる成分が含まれている商品を使用してしまいう方も多いです。

 

健康に良さそうな事しか記載されていないサプリメントや健康食品であったとしても、下剤と同じように、腸を刺激してしまう成分が含まれている市販品も多いです。

「センナ」「キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)」等は、下剤と同じ成分が含まれています。

 

腸は刺激耐性が備わっていますので、長期化してしまった場合、弛緩してしまいます。

最終的には、医学手な意味での宿便に近い状態に陥ってしまうケースも有ります。

 

この場合、まるでコンクリートかと思う位硬い便が蓄積してしまい、病院でしか対応出来ない状況です。

 

宿便とは一体・・・?

一般的な便秘が悪化してしまう事によって起こります。

弛緩性便秘に代表される腸の機能自体が低下が原因で起きてしまう場合も多いです。

 

また、普段から腸内洗浄、下剤、便秘茶、危険な成分が含まれている健康食品等を、用法用量を守らずに服用している人にも起きやすいと言われています。

最終的には、腸自体の機能が大きく低下していますので、数週間~1ヶ月位の長期に渡り便意や排便が無い状態になります。

 

2〜3日以上便秘が続いてしまうと、自宅で腸内洗浄をしたり、下剤、強い便秘茶、強い健康食品を使用してしまうと言った「癖」や「依存性」が出来てしまっている場合は特に注意が必要です。

本当に危険な状態になってしまう可能性が高いです。

 

なぜ、腸内洗浄等は逆効果になる?

繰り返しますが、一般的なイメージで言う「宿便」は、ほとんどの場合、頑固な便秘と同じ意味です。

腸内洗浄のように腸に液体を流し込んで「下痢」を起こし、文字通り「洗浄」したとしても、原因は何も改善出来る筈がありません。

 

確かに、専用の生理食塩水やコーヒーには、整腸作用の有る成分が含まれている事が有りますが、あまり期待するべきでは無いと思います。

それに、下痢をする事自体、身体への負担が大き過ぎます。

 

腸は下剤や便秘茶、腸内洗浄等で刺激する事によって強制的に排便する事が可能ですが、その刺激を継続してしまうと「耐性」がついてしまいます。

「下剤は怖いらしいけど、腸内洗浄なら大丈夫」

 

だと思う方も多いとは思いますが、便と同時に「腸内細菌」「まだ剥がれるべきでは無い腸粘膜」等も排出してしまう可能性が高いです。

腸内洗浄専用液には、善玉菌やそれに準ずる成分が入っているから大丈夫だと思うかも知れませんが、腸内細菌は人それぞれですので、腸内で定着してくれる可能性は低いと言われています。

 

よほどで無い限り、直接的に注入した「外部」の善玉菌が簡単に馴染む事は有りません。

そもそも、私達の腸内がそんなに単純でしたら、便秘や宿便で悩む人は存在しないとは思います。

 

腸内洗浄商品やクリニックにリピーターが多い理由

実際問題、腸内洗浄専用液に定期的にさらされるので、腸の機能自体は大幅に低下してしまう可能性が高いです。

自力で排便している訳では出来ませんし、根本的な意味で改善している訳では有りませんので、頻繁に便秘になってしまう可能性の方が高い位です。

 

腸には、排便機能の他に、消化吸収、成分合成や代謝、解毒や免疫機能、造血作用等の働きが有ります。

これの機能は腸内環境に依存していますので、腸内洗浄の頻度が高い場合、これらの全ての機能が低下してしまう可能性が有ります。

 

摂取した食品等も強制的に排出しますので、吸収する筈だった栄養素等も上手く吸収出来無くなる場合があります。

確実に身体全体の機能が低下してしますので、腸内洗浄無しでは排便出来なくなります。

 

見事、腸内洗浄リピーターの完成と言う事です。

 

宿便を腸内洗浄より健康的に解消する方法

宿便が蓄積し過ぎてしまうと言う事は、頑固な便秘になっていると言う可能性が高いです。

何らかの原因で腸の機能自体が低下してしまっていると考えられます。

 

偏った食事が原因で腸内の善玉菌を上手く増やす事が出来ない事が原因として考えられます。

腸内の善玉菌が減ってしまうと、必然的に悪玉菌の割合が増えてしまいますので、状況は悪化する一方です。

 

特に、肉、脂っこい料理、お菓子、ファーストフード等を分解する為には、悪玉菌が必要ですので、こういった食事が中心になってしまうと、どうしても便秘になってしまい易いです。

 

宿便を手っ取り早く解消し、善玉菌を爆発的に増やす方法

便秘を根本的な意味で解消する事を考えた場合、腸内の善玉菌を確実に増やす事を最優先にした方が良いと思います。

次に大切な事は、水分摂取量を増やす事、適度な運動や食事バランスを意識する事、自分に合った睡眠時間を確保する事、ストレスを溜め込み過ぎない事です。

 

最近では、非常に様々な腸内環境改善系の商品が販売されていますが、上記のように、水分、運動、食事、睡眠、ストレス等を意識した生活を続けている事が前提です。

もちろん、宿便の原因を知り、改善する事も大切ですが、これらが出来ていないと、なかなか便秘が改善される事は有りません。

 

もし宜しければ、「宿便が心配な時に知っておきたい実際の話」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ