滞留便の出し方について「効率良く出す方法と危険性」 | 便秘解消情報局

滞留便の出し方について「効率良く出す方法と危険性」

<スポンサーリンク>
滞留便の出し方について|効率良く出す方法

「滞留便」は、別名「宿便」と呼ぶ場合も有り、腸管の内側にこびり着いてしまっている長期滞在型の便の事で、出し方については、「腸内洗浄」や「断食」が最近の流行りだと言われています。

主に健康や美容系の雑誌等で積極的に「滞留便を出しましょう」と言う内容の特集が組まれていると思いますので、一度は見た事は有ると思います。

 

「滞留便」をしっかりと出して腸を綺麗な状態にする事は、素晴らしい事だと思いますが、少し間違えて伝わっているような気がするのも事実だと思いますし、それに伴うトラブルが増えて来ているのも事実です。

そもそも、「医学的な意味での宿便(滞留便)」と「健康や美容的な意味での宿便」では、意味が異なります。

 

また、「腸内洗浄」や「断食」と言った滞留便の出し方は、実際問題、便秘がより一層酷くなる可能性が高いです。

確かに、滞留便が溜まった状態が続いてしまった場合、健康や美容に悪いだけでは無く、免疫機能の低下によって、「アレルギー反応」が出やすくい体質になってしまったり、以前よりもアレルギー反応が酷くなってしまう可能性も高くなりますし、もちろん、美容や健康にも良い筈は有りません。

 

「腸内洗浄」や「断食」と言った出し方は、一見すると手軽で効果が実感しやすいと感じてしまうかも知れませんが、より確実で健康的に滞留便を出す方法も存在しますので、是非参考にして頂ければと思います。

 

腸内洗浄や断食による滞留便の出し方と危険性

◯腸内洗浄

滞留便を腸内洗浄で出す場合、一般的に温かい生理食塩水やコーヒーを肛門から注入し、腸の機能を利用して排便を促す出し方が存在します。

 

生理食塩水やコーヒーの他にも「専用のコーヒー」も存在し、「専用のコーヒー」には、腸内の善玉菌の栄養になる「オリゴ糖」や、腸への栄養や下痢時に不足してしまいがちな「ビタミン」等が含まれている事が多いです。

簡単に言うと、「腸の中を体液に近い塩分濃度のぬるま湯」で洗い流している事と同じなので、残念ながら、滞留便と一緒に必要な筈の腸内細菌の多くは、流れ出てしまいます。

 

もちろん、「コーヒー」には、腸を刺激する効果も有りますので、直接腸へ送り込む事によって、腸は一過性の下痢を起こします。

腸は定期的に刺激してしまうと、「弛緩」してしまう性質が有りますので、今後はよりいっそう滞留便が溜まりやすくなりますし、取り扱い説明書に記載されている量の「下剤」摂取したとしても、便意すら無いと言う方も居られます。

 

もし、自分で薬局行くなりして下剤を購入した事が有る方なら分かる筈ですが、下剤は同じ量を定期的に服用してしまった場合、必ず同量では効かなくなって来ます。

それに似た事が腸内洗浄でも起きてしまい易く、頻度や量等を気が付けば「自己流」でやってしまいがちで、下剤を継続して飲むと効かなくなるのと同じような状況になってしまいがちです。

 

◯断食

最近は「ファスティング」や「プチ断食」等が流行っていましたので、「断食」をすると健康に良いと言った認識が広まりつつ有ります。

もちろん、健康を意識する事は素晴らしい事だとは思いますが、断食をすると私達の身体は無意識的に「次に食事が出来るのはいつだろう?」と言ったある種の「飢餓状態」に陥り易く、身体から出来るだけ便を出さないでおこうとしてしまいます。

 

便は「カロリー(エネルギー)」ですので、出来るだけ身体から排出したく無いと無意識的に思います。

これが、「恒常性維持機能(ホメオスタシス)」と言う機能で、断食後に急激に体重が増加して失敗してしまったり、滞留便は出たけど、慢性的な便秘になってしまったと言う現象が起きてしまう原因の一つとも言われています。

 

体質によっては、断食の出し方で滞留便が一時的に出るのかも知れませんが、便秘になり易くて何を食べたとしても、効率良く「脂肪」として蓄えやすい体質になってしまう可能性の方が高いです。

便秘では無いにしろ、少食気味なのに肥満気味の方は、これに該当します。

 

簡単に手に入る物を利用した滞留便の出し方

腸壁にこびりついて便が長期間体内に滞っている状態ですので、便秘の原因となる腸内の悪玉菌の比率を下げ、善玉菌の比率を上げる事が一番の近道です。

それこそ、腸内の便を一掃出来るような食品を摂取し、健康的に排出する出し方が一番効率的ですし、何よりも経済的です。

 

◯スーパーで購入出来る物

やや固めに茹でたゴボウ等の根菜類は定番とも言えますが、量を食べれば良いと言う物でも有りません。

継続して食べる方が良く、ニンジンやセロリ等は「生」で食べると非常に効果的です。

 

茹でたゴボウのサラダやニンジンやセロリ等の生野菜サラダの上に、少し水切りしたヨーグルトベースのドレッシングをかけるとより効果的です。

(※ヨーグルトベースのドレッシングは、キッチンペーパー等で水切りしたヨーグルトに高純度オリゴ糖を加え、カレー粉やコショウ、七味等、シーズニングスパイス等を加えた物が簡単で効きます)

 

白くない糸コンニャクや大豆の水煮も滞留便対策に良く、ダイエット効果も期待出来ますので、滞留便で悩んでいない方であっても、取り入れた方が良いと思います。

トマトベースで少しイタリアン風に味付けした物に大豆等の水煮を入れてみたり、糸コンニャクをパスタのような感じで加えてみても効果的です。

 

また、よく冷えた炭酸水やキムチ等も積極的に摂ると良いです。

ただ、ヨーグルト等の発酵食品は、加熱すると乳酸菌や酵母等が死滅しますし、元々胃酸や常在細菌等に簡単に分解されてしまいますので注意が必要です。

 

高純度のオリゴ糖であれば、加熱調理しても問題有りませんし、カロリーも気になりません。

そもそも腸に届く前に分解されてしまうヨーグルトと、元々腸に存在する善玉菌を増やす事が出来る高純度のオリゴ糖では、便秘への効果が全く違います。

 

もちろん、高純度オリゴ糖なら何でも効くと言う訳は無く、「EOS理論」に基いて開発された「カイテキオリゴ」で無いと、正直な所、そこまでの効果は期待出来ません。

「オリゴ糖」と言われても馴染みが無いと言う方や副作用等が不安な方は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

「滞留便知らず」な体質を手に入れる為の出し方

バランスの取れた食生活や健康的な生活を取り入れるのも勿論だと思いますが、滞留便が溜まりにくいスッキリ体質を手に入れる頃にはある程度の時間が必要です。

また、体質や腸内環境によっては、「頑張っても何も変化しない」場合も多く、長年便秘で悩まれている方は経験が有ると思います。

 

そう言った場合には、自分の腸内に存在する善玉菌自体を増やすしか無く、その人の腸内細菌に左右される事が無いように設計された「カイテキオリゴ」が有効的です。

一般的な整腸剤や乳酸菌ではどうしても、自分の腸内に存在する「善玉菌」と合う合わないが必ず出て来てしまいますし、殆どが胃酸等に分解されます。

 

その点、「カイテキオリゴ」には、現在腸内に存在する「善玉菌」を増やす働きが有りますし、「EOS理論」に基いていますので、どのような腸内環境にも適応させられるように開発されています。

カイテキオリゴは非常に純度の高いオリゴ糖のみを使用していますので、滞留便が溜まり易い体質の改善にも効果的です。

私は元々酷い便秘体質で、カイテキオリゴを飲み始め、現在でも毎日のように飲んでいますが、便秘になった事は有りません。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ