虚血性大腸炎の再発を防ぐ為に私達が出来る事 | 便秘解消情報局

虚血性大腸炎の再発を防ぐ為に私達が出来る事

<スポンサーリンク>
虚血性大腸炎の再発を防ぐ為に私達が出来る事

虚血性大腸炎は高齢者に多い病気の一つで、再発率が高い事でも有名でしたが、食事環境の欧米化や職場環境等のストレス、サプリメントや健康食品の普及等によって、私達にとっても身近な病気になりつつありますね。

 

頑固な便秘で悩む方は虚血性大腸炎を発症する確率が高くなると言われていて、比較的便秘になり易い女性が発症しやすい病気と思われがちですが、脂っこい食事が好きで偏食傾向にあり、かつ動脈硬化等の疑いの有る男性の発症も比較的多い病気です。

 

このような原因でも簡単に虚血性大腸炎が発症してしまいますし、再発される方の多くは、原因となる生活習慣等を改善出来ずに放置してしまった結果、再発してしまっているパターンが多いです。

 

虚血性大腸炎の再発防止にするべき事とは?

ではまず、虚血性大腸炎の原因について軽く触れさせて頂きます。

 

再発防止と言っても、原因が分からなければ対処のしようが無いですからね。

虚血性大腸炎は何らかの原因で血流が悪くなり、腸に十分な血液が行き渡らなくってしまう事が原因です。

 

◯ 強力な下剤や漢方、サプリメント等を常用してしまい、腸の機能が低下し、自然に排便する事が難しくなって来ている。

 

便秘解消系だけでは無く、最近は美容や健康増進系サプリメントにも、便秘解消効果の高い成分が含まれている商品が多いですね。

 

下剤や漢方を常用してしまっている方は非常に危険なので注意が必要ですが、「センナ」「ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ)」等のように、腸を強く刺激する成分の含まれている商品の使用は中止し、オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維等の含まれている食べ物や、サプリメントを選ぶようにしていきたいですね。

 

頑固な便秘に効く食べ物については、「頑固な便秘に効く食べ物について」の記事を参考にして頂けると幸いです(クリックして頂けると新しいページで開きます)

 

◯ 健康診断等で血圧が高く、血液がドロドロだと指摘されたのにも関わらず、食生活等を改善せず、便秘がちの状態になってしまっている。

 

この状態を放置してしまうと、虚血性大腸炎の再発率が大幅に上がります。

野菜の比率を増やし、肉や脂っこい食べ物を減らす必要が有ります。

 

また、便秘にならない腸内環境を心掛ける事が大切で、最近では高純度のオリゴ糖の効果が注目されています。

 

◯ 元々偏食傾向で、腸の機能を維持する為に必要な栄養が不足し、腸の機能自体が大幅に低下してしまっている。

 

腸だけでは無く、私達の身体を構成する為に必要不可欠な栄養素等が不足しているのはもちろん危険ですが、腸自体の機能を維持する為には、身体自体が健康でなければ駄目ですね。

 

虚血性大腸炎は動脈硬化と便秘が大きな原因ですので、

 

● ビタミンC  ● ビタミンE

● クエン酸  ● タンパク質

● 食物繊維  ● オリゴ糖

● ミネラル  ● 酵母

● 乳酸菌等

 

を意識して摂る事で効率良く便秘を解消する事も大切ですし、再発率を大幅に低下させる事が可能です。

 

虚血性大腸炎の再発を放置してしまうと?

また、虚血性大腸炎を放置してしまい、血が行き渡らなく状態が続き、腸への血液が滞った状態を放置してしまうと、腸の壊死が始まり命に関わる危険性が高い「腸間膜動脈閉塞性」もしくは、「急性腸間膜動脈閉塞性」を発症してしまう危険性が有ります。

 

虚血性大腸炎を発症してしまった方は、再発防止の為に生活習慣等を同時に改善される方が多いです。

 

「腸間膜動脈閉塞性」や「急性腸間膜動脈閉塞性」を発症させてしまう方は、日本国内ではごく少数ですが、一度虚血性大腸炎を発症させてしまったと言う事は、再発や進行の可能性が無いとは言い切れません。

 

◯ 虚血性大腸炎の予防や改善に効果的な食品について

虚血性大腸炎は大腸内に動脈硬化が起き、血液が行き渡らない状態が続き、便秘等によって腸に強い圧力がかかる事によって引き起こされてしまう病気です。

 

なので、食事中に含まれているコレステロールや脂肪を出来るだけ摂らないようにし、便秘体質を改善する必要が有ります。

 

一般的にコレステロールが上がりやすいと言われている食品を控える事も大切ですが、それだけではなかなか便秘体質を改善させる事は難しいと思います。

確実に腸内の善玉菌を増やす事が大切で、高純度のオリゴ糖を取り入れると効率的です。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ