虚血性腸炎の原因と予防について  | 便秘解消情報局

虚血性腸炎の原因と予防について 

<スポンサーリンク>
虚血性腸炎の原因と予防について 

虚血性腸炎は元々、高齢者に多いと言われていましたが、最近は下剤に頼りきりになり過ぎてしまい大腸機能が低下してしまった場合や、頑固な便秘で悩む人でしたら年齢や性別に関係無く、虚血性腸炎を発症してしまう可能性が有ります。

 

虚血性腸炎の原因の多くは長期的な便秘等が原因と1つとされ、大腸の血流が悪くなってしまい、腸の機能自体が著しく低下してしまう事です。

 

食事環境等が原因での糖尿病や高血圧、動脈硬化等も虚血性腸炎の大きな原因とされ、心臓病の薬(ジギタリス)の副作用が原因の場合もあります。

 

虚血性腸炎の原因について 何故女性に多いのか

虚血性腸炎は高齢者の病気だと言われて来ましたが、ストレスやダイエット等で便秘しやすい女性にも増えていると言う話をさせて頂きましたね。

 

女性は男性よりも非常に便秘になる確率は高く、女性なら便秘を一度は経験した事が有ると思います。

 

● 仕事や人間関係等のストレス

 

● 食事制限等のダイエット

 

● 軽い便秘の内から習慣的に下剤を飲んでしまう

 

● 健康の為に便秘茶を飲み始めたつもりが、「センナ」「キャンドルブッシュ」等の副作用で腸の働きが弱くなる

 

● 月経や妊娠等が原因で黄体ホルモンが分泌され、自律神経が乱れて便秘になる

 

等、男性と比べても虚血性腸炎を発症してしまう確率は非常に高くなります。

虚血性腸炎は「虚血」の病名通り腸内の血流が著しく悪くなる事で、腸内の粘膜に異常が出たり、腸壁自体が炎症を起こしてしまいます。

 

腸壁にポリープのような腫瘍が出来てしまったりする事が原因で、突如腹痛を感じてしまったり、激しい嘔吐感や嘔吐、発熱や下血をしてしまう事です。

便秘が原因で虚血性腸炎になってしまう場合は、長期的な便秘によって腸管に長期間圧力がかかった状態になり、腸内に新鮮な血が巡らなり状態(虚血)になる事です。

 

虚血性腸炎は最悪の場合、腸が壊死してしまう可能性も有り、仕事の忙しさや体質の所為だと決め込んで放置してしまうと、取り返しの付かない状態になるので注意しておきたい所ですね。

 

虚血性腸炎の予防について

虚血性腸炎は便秘だけでは無く、各種生活習慣病も原因とされています。

 

生活習慣病は日々の食生活を根本的に改善する事が必要ですが、便秘を改善するなら毎日の食事にオリゴ糖や乳酸菌、食物繊維を意識するだけなので、非常に簡単で効率的だと言えますね。

 

あとは、腸を刺激して強制的に便秘を改善する下剤や、「センナ」や「キャンドルブッシュ」等の強い効果の有る成分、悪玉菌が増えやすい食べ物(ショ糖、脂っこい食べ物、お菓子等)を少しだけ意識するだけでも虚血性腸炎の予防になります。

 

ですが、やはり腸内環境の正常化が一番の近道だと思います。

高純度オリゴ糖や乳酸菌、オオバコ等でしっかりと改善するのが良いですね。

 

オリゴ糖の副作用等が心配な場合は、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

高純度のオリゴ糖は腸内の善玉菌を直接的に増やす働きが有りますので、大腸のトラブルが原因で起こる病気を予防し、改善する効能が期待出来ます。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

One Response to “虚血性腸炎の原因と予防について ”

コメントを残す

このページの先頭へ