過敏性腸症候群ガス型でも仕事に行く人は、具体的に何をしているのか? | 便秘解消情報局

過敏性腸症候群ガス型でも仕事に行く人は、具体的に何をしているのか?

<スポンサーリンク>
過敏性腸症候群ガス型でも仕事に行く人は、具体的に何をしているのか?

過敏性腸症候群の中でも一番辛いとされているのは、過敏性腸症候群ガス型だと言われています。

混雑時や対面、静まり返った室内や緊張状態になるとお腹が張った状態になり、我慢していると強い腹痛になってしまいます。

 

休日や赤の他人ばかりなら、おならをする事が可能かも知れませんが、仕事中だったりすると、どうしても人の目や噂が気になってしまい、仕事どころでは無くなってしまいまからね。

 

男性ならば何とかなる場合が有りますが、女性の場合はより深刻な状況になってしまう場合が多く、仕事に耐えられなくなる人も多いです。

 

ですが、過敏性腸症候群ガス型の方が皆仕事をしていないのでしょうか?

皆が物音がする職場を選んだり、人と出来るだけ会わない仕事を選んでいる訳では有りません。

 

過敏性腸症候群ガス型でも仕事に行く人は、具体的に何をしているのか?

過敏性腸症候群ガス型で悩む人の多くは出来るだけおならが出ないように、ヨーグルト、いも類、繊維質の多い野菜等を無意識的に押さえている場合が多いです。

 

ですが、過敏性腸症候群ガス型を軽くしたり、改善する為には、腸内環境を正常化させる事が一番大切です。確かに医師に相談すると、「大建中湯」「コロネル」「六君子湯」等の漢方や、「ビオフェルミン」等の薬を処方して頂けると思います。

 

ですが、これらは過敏性腸症候群ガス型の症状を和らげるのが目的なので、根本的な原因を取り除いたり、改善させる事が出来るかと言えば、正直疑問が残ります。

 

過敏性腸症候群ガス型でも仕事に行く人の多くは、漢方や薬等に頼らず、食事や生活環境等を改善する事で乗り越えて行く人が多いです。これは、過敏性腸症候群ガス型の症状が軽いから仕事に行けるとか、おならを我慢せずにしているとかでは有りません。

 

過敏性腸症候群ガス型の方もそうですが、おならが臭くなってしまう根本的な原因は消化不良と、腸内環境が悪く悪玉菌の比率が多過ぎるからです。

 

過敏性腸症候群ガス型でも仕事に行く人は、どんな食事なのか?

朝食は、野菜ジュースやヨーグルトにオリゴ糖をかけた物や、りんごやバナナ等のフルーツの方も多いです。

 

野菜ジュースでビタミンや食物繊維を摂り、ヨーグルトやオリゴ糖で善玉菌の比率を増やす事により、おならを発生させる原因の1つである悪玉菌の数を減らす事が出来ます。

 

最近流行りの酵素等も良く、菓子パン等の油脂の多い物は厳禁ですね。

朝は腹持ちの良い物を食べたい人は、納豆とご飯等の和食中心にし、肉類や油物を出来るだけ控えるようにしていますね。

 

肉類や油物が多過ぎると腸内の悪玉菌が増殖し、おならの臭いの原因となります。

昼食や夜食も基本的に和食中心の生活にし、日本の発酵食品等は積極的に取り入れたい所ですね。

 

先ほどでも申し上げましたが、肉類や油物は出来るだけ控え、ビールや冷たい物も出来るだけ避けたいですね。

適度な運動等も必要で、ウォーキングやジョギング等の有酸素運動は効果的です。

 

もちろん、ストレッチ等も有効ですね。

 

おならが出るのが嫌な人が多いので運動を避けがちな人が多いのですが、

健康や腸内環境正常化の為には必要だと割りきって欲しい所ですね。

 

それに、意外と夜走っている人を気にしている人は居ませんし、過敏性腸症候群ガス型で無い人でも、ジョギングやウォーキング中にはおならが出る事は当たり前ですのでご安心下さいね。

 

私は過敏性腸症候群ガス型に効くと言われている飲み物や食べ物等を、本当に色々試して来ましたが、カイテキオリゴが一番過敏性腸症候群ガス型の改善に効果的だと信じていますし、今でも継続して信頼して飲んでいます。

 

効果について不安が残る場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ