過敏性腸症候群ガス型でヨーグルトを毎日摂っているのに変化が無い人へ | 便秘解消情報局

過敏性腸症候群ガス型でヨーグルトを毎日摂っているのに変化が無い人へ

<スポンサーリンク>
過敏性腸症候群ガス型でヨーグルトを毎日摂っているのに変化が無い人へ

過敏性腸症候群ガス型の人でヨーグルトを毎日のように摂っているのに、一向に改善する気配が無くて悩んでいる人も多いですね。

私も過敏性腸症候群ガス型で悩んでいた時に、ヨーグルトによっては全く変化が無かった時が有りましたので、レポート的な物を残して行きたいと思います。

 

過敏性腸症候群ガス型で悩んでいて、ヨーグルトを摂っているのに改善しない理由

 

● ヨーグルトに含まれている乳酸菌自体が自分の善玉菌と合っていない

ヨーグルトを摂る理由は、腸内の善玉菌を増やす事が目的なのはご存知だと思いますが、私達の善玉菌は人それぞれ違うので、自分の善玉菌に合わないと言う場合も多いと思います。

 

自分に合う乳酸菌を探すために色々なヨーグルトを探しまわるのはやや大変ですが、定期的に変えてみると良いかも知れませんね。

ですが、その前に挫折する事は目に見えていますね。

 

ちなみに私の場合は、色々なヨーグルトを試している途中で「ケフィアヨーグルト」が過敏性腸症候群ガス型に良いと言う噂に飛び付き、やたら高い顆粒状の菌と保温庫も奮発して購入してみて全く変化が無かったと言う辛い思い出も有りました。

 

※残念ながら私は駄目でしたが、「ケフィアヨーグルト」で過敏性腸症候群ガス型が改善した人も確かに居るみたいですよ(^^)

私の場合は、セブンイレブンで販売されているヨーグルトと、スーパー等で普通に販売されているダノンビオを摂ると、ハッキリとした変化を実感する事が出来ました。

 

これも、私の腸内環境での場合なので、過敏性腸症候群ガス型に効く人と効かないが出て来ると思います。

ヨーグルトに高純度のオリゴ糖であったり、酪酸菌や特殊培地で培養された酵母、頑丈なカプセルで保護された乳酸菌を摂る必要が有ります。

 

乳酸菌ももちろん大切ですが、私は高純度のオリゴ糖も摂る必要が有ると思います。

オリゴ糖は腸内の善玉菌に作用するので、乳酸菌よりも強力だと思うからです。

 

● 朝食やおやつ等の空腹時にヨーグルトを摂ってしまっている

私達の胃液は強力で、カミソリの刃位なら簡単に溶かしてしまうと言われています。

 

空腹時にヨーグルトを食べる人が凄く多いのですが、ヨーグルトのようにむき出しの状態の乳酸菌は殆ど死滅してしまうと思います。

なので、先に水分等を摂っておいて胃液を薄めておくと効果的ですよ。

過敏性腸症候群ガス型で悩む人には特に気をつけて欲しいです。

 

また、過敏性腸症候群ガス型は腸の機能自体が低下している人も多いと言われていて、私自身も過敏性腸症候群ガス型が酷い時は、肌トラブルに良い食事やビタミンC、ビタミンB群、食物繊維、亜鉛等を積極的に摂っていました。

 

ちなみに高純度オリゴ糖は胃酸や胆汁酸等に負ける事は有りません。

高純度オリゴ糖を取り入れる事でより確実にするか、酸に負けない特殊なコーティングのされた乳酸菌が必要ですね。

 

純度の関連性について気になる場合は、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

● ヨーグルトのみで過敏性腸症候群ガス型を改善しようとしてしまっている

個人用に漢方や薬等は論外ですが、ヨーグルトを摂るだけで過敏性腸症候群ガス型が改善する人は非常に少ないと思います。

 

高純度のオリゴ糖をかけたり、ハーブティーを飲んでリラックスしたり、青汁を飲んでみたりしながら、腸内環境をじっくりと良い方向に向けて行く事が大切です。

睡眠時間の確保と考え過ぎない事、食生活自体を変える事は重要です。

 

◯ 「今私を見た人は、私の事を臭いと思っている筈」

◯ 「私は臭い」

◯ 「過敏性腸症候群ガス型は治らない」

◯ 「消えて無くなりたい」

等は今となっては、悪循環の原因だと痛感しています。

 

密室等に入ってしまった場合は、出来るだけ違う事を考える必要が有ります。

過敏性腸症候群ガス型は乗り越えれば、「考えすぎ」も大きな原因だったと痛感してしまいます。

絶対に諦めずに頑張りましょう!

 

過敏性腸症候群は精神的な物も大きいと言われていますが、どれだけ「考えすぎるな」「頑張れ!」なんて気軽に言われても何ともならない物はなりませんし、私の場合はそれが余計にプレッシャーになって辛かった記憶が有ります。

過敏性腸症候群ガス型の改善にはヨーグルトだけでは無く、高純度オリゴ糖を摂る事がオススメですし、私はそれで乗り越えて来ました。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ