過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来る?本当の話 | 便秘解消情報局

過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来る?本当の話

<スポンサーリンク>
過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来る?本当の話

過敏性腸症候群ガス型は、病院等で診断して貰ったとしても、感染や炎症等の外傷等は無く、心身症の1つだと言われています。

過敏性腸症候群にも色々な種類が有りますが、一番辛いとされているのが過敏性腸症候群ガスです。

 

過敏性腸症候群ガス型の原因は、ストレスや強迫観念等で腸内にガスが溜まり易くなり、慢性的な便秘や下痢を併発したり、便秘や下痢の繰り返すが起きる場合も有ります。

過敏性腸症候群ガス型は女子の場合は、20歳代、30歳代に多く見られ、更年期障害に差し掛かる頃にも発症しやすくなります。男性の場合は30歳代、40歳代の方が発症しやすいです。

 

過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来るのか?

過敏性腸症候群ガス型で悩まれている場合は、

 

● 冷たすぎる物   ● 唐辛子等の刺激物

● 香辛料や強いハーブ (キャンドルブッシュ、センナ等)

● 油の多い食事   ● 揚げ物

● 生野菜   ● 冷たい牛乳

● ビール   ● 強い炭酸

● いも類

 

身体を冷やすと過敏性腸症候群ガス型は悪化する事が多く、出来るだけ冷やさないように工夫する事が大切です。

漢方も効果的だとは思いますが、効果が出ない人が多いのが本音ですね。

 

過敏性腸症候群ガス型でしたら、「大建中湯」や「ビオフェルミン」「コロネル」「六君子湯」を処方して頂ける場合が多いと思いますが、逆効果になってしまい、より深刻になってしまう場合も有ります。

 

過敏性腸症候群ガス型は漢方で改善出来る?大切な事は

過敏性腸症候群ガス型の方は常にトイレ等を我慢する傾向が有りますし、ヨーグルトや食物繊維等の腸内環境正常化に必要な物を無意識的にも避けてしまい、常に不足傾向に有ります。このままでは、悪循環になってしまいますからね。

 

過敏性腸症候群ガス型に限らず、腸内環境正常化が大切なので、オリゴ糖やヨーグルト、食物繊維等も効率的に食べる必要が有ります。

 

更に、善玉菌を増やすだけでは無く、バランス良くビタミンを摂る必要が有ります。

 

ビタミンに関しては、ちゃんとした野菜ジュース(1日分の野菜350)等も良く、「マルチビタミン」等も効果的ですね。ヨーグルトに関してですが、ビフィズス菌は腸内で4日程度しか生きれ無いので、最低でも3日~4日に一度は摂りたい所です。

 

どのヨーグルトでも良いと言う訳では無く、ダノン等のちゃんとしたヨーグルトを選ぶ必要が有りますね。

スーパー等で特価で販売されているヨーグルトモドキは意味が有りません。

 

どれもドラックストアやスーパー、コンビニ等で簡単に手に入る物なので、是非参考にしてみて下さい。

 

ただ、オリゴ糖に関しては薬局で販売されているような物は純度が悪く、期待出来ません。

楽天等で販売されている高純度の物を選ぶようにして下さい。

 

過敏性腸症候群ガス型の方は上記の物を食べるとおならが臭くなると錯覚される方が多いのですが、おならが臭くなる原因は消化が不十分で有る事も多く、腸内環境が改善し始めた頃におならが気になって中止してしまう場合が多いです。

 

私は高純度オリゴ糖のカイテキオリゴで過敏性腸症候群ガス型を改善する事が出来ました。

効くのかどうかが気になる場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

今でも継続して摂るようにしています。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ