過敏性腸症候群ガス型は病院に行かなくても克服出来る!その理由について | 便秘解消情報局

過敏性腸症候群ガス型は病院に行かなくても克服出来る!その理由について

<スポンサーリンク>
過敏性腸症候群ガス型は病院に行かなくても克服出来る!

どうしてもお腹の調子が悪く、過敏性腸症候群ガス型かと心配になり、病院で診察して貰ったとしても、「何ら異常は有りません」と帰されてしまう方は意外と多いです。

 

でも、日に日に症状は悪化して行き、悩みは深まるばかり・・・・・

実は、過敏性腸症候群ガス型に限らず、過敏性腸症候群は腸等に傷や炎症等は無いのが特長で、それが医師であってもなかなか理解して頂け無い場合が多いです。

 

それに、運良く過敏性腸症候群ガス型に理解の有る病院に行けたとしても、過敏性腸症候群ガス型を根本的に改善する事は難しいのが現状では無いのでしょうか?

 

病院で過敏性腸症候群ガス型を診察して貰った場合、殆どの場合は「出来るだけ気にしないようにして下さいね。」と言われ、「ガスコン」「大建中湯」「コロネル」「六君子湯」「ビオフェルミン」「ガスピタン」等の腸内環境を正常化させる薬や、腸の働きを抑える薬等を処方される場合が多いと思います。

 

更に、精神安定剤に近い働きの有る薬も処方して頂ける場合が多いと思います。

病院で過敏性腸症候群ガス型を診察して貰う場合、どうして精神安定剤が処方されるかと言うと、過敏性腸症候群の原因は、精神的な物が複雑に絡む場合が多いからです。

 

これらの薬や漢方は基本的に過敏性腸症候群ガス型の根本的な改善には至らない場合が多く、症状を和らげる事が限界ですね。

理由は、過敏性腸症候群ガス型の原因は、「自律神経等の神経の乱れ」「腸内環境が劣悪な状況」「空気を吸い込み過ぎる事」が原因である事が大きいからです。

 

過敏性腸症候群ガス型が改善に向かってがいる方を見ていると、「精神」「腸内環境」の両方を一度に改善しようとしている人はそれが逆にストレスになる場合が多く、「出来るだけ気にしないようにする」事を最初にしてしまうと失敗したり、より悪化してしまう場合が多いです。

 

まずは「腸内環境の正常化」を測り、おならの臭いを抑えたり、腸内の善玉菌の量を増やしておならの原因である悪玉菌の数を減らす事も大切です。

 

過敏性腸症候群ガス型を病院に行かないで改善する方法

 

◯ 食事面

過敏性腸症候群ガス型の方は食事環境があまり良くない人が多く、ヨーグルト等の乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維等の善玉菌を増やす働きの有る物が不足しがちです。

 

食事は全体的に和食にし、油物や肉等の悪玉菌を増やす働きの有る物へ意識して減らして行きましょう。

 

◯ 運動面

過敏性腸症候群ガス型の方は、おならが出たりお腹が張ったりする事が怖くなり、運動を避ける傾向にあります。

 

過敏性腸症候群ガス型は精神的なストレスによる自律神経の乱れ等も原因なので、ジョギング等の有酸素運動でストレスを解消するのも効果的ですし、腸も動くのでデメリットが見当たりません。

ストレッチ等でお腹を色々な角度にねじってみて、腸の運動をより活発にさせて行きましょう。

 

◯ 就寝面

過敏性腸症候群ガス型の方は就寝時に空気を大量に吸いすぎてしまっている可能性が高く、「噛み締め呑気症」「空気嚥下症」等へ併発してしまっている事が多いです。

 

マウスピースを着用して眠ったり、眠る体勢を調節してみたりする事も大切です。

私は過敏性腸症候群ガス型が酷かった時に病院に通っても改善は見られませんでした。

 

本当に色々な方法を試して来ましたが、高純度オリゴ糖である「カイテキオリゴ」を取り入れる事で、過敏性腸症候群ガス型を改善する事が出来ました。

効果が有るのか不安な場合は、「カイテキオリゴは効果なし?効かない人の意外な共通点」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ