コロコロ便の治し方で根本的に改善する為にやるべき事 | 便秘解消情報局

コロコロ便の治し方で根本的に改善する為にやるべき事

<スポンサーリンク>
コロコロ便の治し方で根本的に改善する為にやるべき事

「コロコロ便がずっと続いているけど、治し方って無いのかな?」

数日位であればまだ良いのですが、1週間から数週間以上続く場合は注意が必要です。

 

明らかにお腹が張って苦しくなりますし、身体的だけでは無く、精神的にも不調が続いて来ると思います。

これには、ちゃんとした理由が有り、腸管から悪玉菌が生成した

●酪酸ガス

●二酸化硫黄ガス

●硫化水素ガス

●二硫化炭素ガス

●アンモニアガス

●ホスフィンガス

●インドールガス

●スカドールガス

等の人体にとって有害なガスが腸管から血液中に溶け込み、全身に吸収され、肝機能の低下等が起きてしまうからです。

 

皆様こんにちは。ご覧頂き感謝します。便秘解消情報局です。

コロコロ便は、比較的誰でも起こる事ですが、放置すればする程、状況が悪くなる一方です。

 

原因を知って改善しない限り、良くなる事は有りませんし、様々な病気の原因になってしまう場合が有ります。

 

コロコロ便の治し方を知る前に原因を知ると楽です

小さくて硬く、色も黒くてまるでウサギのうんちのような状態が、コロコロ便と言われている状態です。

小さくなる理由は、腸を通過する時間が長過ぎるからです。

 

健康的な便が、「バナナ状」だと言われている位長い理由は、腸に一定の時間で便を切る場所が存在するからです。

通過する時間が早ければ、それだけ長くなりますし、遅ければ短くなります。

 

次に硬い理由は、腸内で滞在する時間が長く、必要以上に腸管から、便の水分が吸収されてしまうからです。

身体には、本当に凄い機能が沢山有りますが、コロコロ便になって来たから便の水分を吸収するのを止めると言う事は出来ません。

 

便秘が長引けば長引く程、便の水分含有率が低下して硬くなってしまいます。

便秘と普通便でどれ位の差が有るのかと言うと、便秘の時の便の水分摂取率が60パーセント前後、普通便で80パーセント前後です。

 

便の色に関しては、「胆汁」が大きく関係しています。

本来、胆汁の色は、黄褐色に近い色合いですが、酸化するにつれて黒く変色してしまいます。

 

便秘気味の時やコロコロ便が黒っぽい色になってしまう理由は、比較的長時間空気に触れてしまったからです。

 

コロコロ便になってしまう生活習慣等の原因

慢性的な野菜不足、ストレス、運動不足、睡眠不足、睡眠不足が続いてしまった場合、コロコロ便になりやすいです。

女性であれば、妊娠や授乳、月経や更年期等でも起こる場合が有ります。

 

原因として多いのは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が落ちてしまっている場合です。

蠕動運動は、簡単に言うと、筋肉等を上手く動かす事によって便を効率良く肛門にまで動かす事が出来る機能です。

 

下剤の使用頻度が高かったり、運動不足が続いてしまった場合、簡単に低下してしまいます。

便を上手く排出する為に必要不可欠と言っても過言では無い機能です。

 

少し歩いたり、普段から姿勢に気を付けたり、寝転がる癖を減らしたりするだけで改善されて行きます。

 

コロコロ便の治し方【食事習慣】

食事習慣に関しては、野菜不足も大きいのですが、悪玉菌が増え過ぎてしまうような食事や腸に負担をかける食事が続くと、コロコロ便になり易いです。

ある程度はバランスを意識した食事を摂取する必要は有ると思います。

 

ただ、変に繊維質の野菜ばかり摂ったり、健康食品やサプリメントだけで補おうとするのは、逆効果になってしまう場合が多いです。

普段の食事から自然に摂るのが1番です。

 

食物繊維には、水溶性と不溶性が存在します。

その時の便秘の原因によって、必要な食物繊維は違います。

 

健康食品やサプリメントで繊維質ばかり偏って摂ったとしても、効かない時が有ったり、繊維質ですので、便秘が悪化してしまう場合も多いです。

腸に負担をかける食事は、脂身の多い肉、化学調味料、一部の食品添加物、タンニンが多く含まれているワイン、アルコール、紅茶、スパイス等です。

 

もちろん、繊維質の多過ぎる食べ物も腸に負担をかけてしまいます。

お菓子が腸にあまり良くは無いと言われても、「ピン」と来ないと言う方も多いと思います。

 

お菓子等に含まれている糖分は、悪玉菌が増える直接的な原因になってしまいます。

冷たい飲み物や食事が続いてしまった場合も、内臓の冷えによって、腸自体の機能が低下してしまいがちです。

 

肉類を分解する為には、大量の悪玉菌が必要になりますので、どうしても、腸内の悪玉菌は、増えてしまいがちです。

意外と忘れてしまいがちなのが、水分摂取です。

 

単純に水分を摂るだけでは、尿量が増えて疲れるだけですので、注意が必要です。

食事に含まれている水分を入れた状態で、1日3リットル位は目標にしておくのが理想だと言われています。

 

理想を言えば、食事と一緒に水分を摂る事だと言われています。

ですが、食事中に大量の水を摂取してしまった場合、胃酸が薄まり過ぎてしまい、あまり消化に良く無いと言う意見も有ります。

 

無駄に胃が膨らんでしまいますので、食事量が増えて肥満の原因になってしまうと言う意見も有ります。

何事においてもそうだと思いますが、「適量」を把握して頂く必要が有るのかも知れません。

 

特に夏場に関してもそうですが、「喉が乾く頃には遅い」と言われていますので、こまめな水分摂取を意識した方が良いと思います。

効果的に老廃物を体外に排出する事が出来ますので、健康や肌にも良いと思います。

 

また、「油分」も、健康的な便を生成する為には必要不可欠です。

当然、脂っこい料理等に含まれている油は、コロコロ便の原因になってしまう原因になってしまいます。

 

ですが、あまりに不足してしまった場合、スムーズに排便する事が出来無くなってしまいます。

エキストラヴァージンオイルや亜麻仁油、グレープシードオイル等を上手く料理に使うと良いと思います。

 

生活習慣が原因のコロコロ便の治し方

ストレスや睡眠不足が便秘を引き起こしてしまう理由は、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が、自律神経の副交感神経が活性化する時に活発化する事と関係してます。

副交感神経は、睡眠中等のリラックス状態の時に活性化されます。

 

睡眠不足がコロコロ便に繋がる理由は、便は主に睡眠中に生成される事が大きく関係しているからです。

便を上手く生成する事が難しくなりますし、睡眠不足自体が身体にとって、大きなストレスになってしまい、便秘になってしまいがちです。

 

ストレスが長期化して来てしまった場合、副交感神経の変わりに交感神経が優位になってしまいます。

交感神経は、運動や緊張、ストレスを受けた時に身体を守る為に活性化されます。

 

もちろん、どちらか片方の神経が長時間優位になると身体に悪影響を及ぼします。

常に上手くバランスを保とうとしますが、長期化してしまった場合、バランスが崩れてしまいます。

 

効果的なコロコロ便の治し方

コロコロ便は、食事やストレス等の生活習慣、運動不足、ホルモンバランス等が大きく関係しています。

長期化してしまった場合、腸内環境が悪化し、排便異常を起こしてしまいがちです。

 

腸内環境の悪化が原因で起こる排便異常には、便秘だけでは無く、軟便や下痢も有りますが、腸内の善玉菌が不足していると言った点が共通しています。

腸内の善玉菌を増やすと言うと、乳酸菌やビフィズス菌等をイメージされる方も多いと思いますが、胃酸で分解されてしまいますし、腸内で繁殖する事は有りません。

 

食物繊維系のサプリメントや健康食品も注目されていますが、毎日の食事バランスを意識した方が効果的ですし、不足してしまいがちな他の栄養素も補充する事が出来ます。

確かに、効果が有るサプリメントや健康食品も存在しますが、自分に合った睡眠時間の確保、適度な運動、水分摂取、ストレスを上手く解消する事等を意識しない限り、身体の様々な所に不調が出てしまったり、病気を発症してしまうリスクが上がってしまいます。

 

もし宜しければ、「コロコロ便が続く時に絶対にやっては駄目な事を具体的な改善案」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ