コロコロ便秘の原因と根本的な意味で改善する方法 | 便秘解消情報局

コロコロ便秘の原因と根本的な意味で改善する方法

<スポンサーリンク>
コロコロ便秘の原因と根本的な意味で改善する方法

コロコロ便秘の原因は、「ストレス」「睡眠不足」「腹筋や筋力の低下」「食生活」等が多いです。

放置すればする程、状況が悪化しやすいと言う性質が有ります。

 

便秘の中でも特に症状が重くなって来ている証拠ですので、出来るだけ早く改善した方が良いです。

皆様こんにちは。ご覧頂き感謝します。便秘解消情報局です。

 

放置する事によって腸内で起こる事は、悪玉菌の増加だけだと思われてしまいがちです。

ですが、腸には、老廃物の排出以外にも、

●飲食物の消化吸収

●飲食物に含まれている栄養成分の合成や代謝

●空気や飲食物に含まれている有害物質の解毒

●造血作用

●自己免疫機能の調節

等が有ります。

 

これらの機能は、腸内環境がどのような状態なのか?によって大きく左右されてしまいます。

腸が弱っていたり、悪玉菌優位であれば、正常に機能する事が難しくなります。

 

便秘の時って、何となく身体がしんどかったり、いつもよりもアレルギー反応が強く出たり、肌荒れが気になったりしませんか?

これらは、コロコロ便秘等の排便異常によって、起きてしまったり、悪化してしまうからです。

 

当記事では、コロコロ便秘の原因と具体的な改善案について説明させて頂きます。

 

コロコロ便秘の原因がストレスの場合

腸は、様々な神経と繋がっています。

その時の精神状態や環境の変化等にも敏感です。

 

神経の中でも自律神経は、「蠕動運動(ぜんどううんどう)」に影響を与え易いです。

ストレスが長期化して自律神経が乱れてしまうと、副交感神経が優位に成り過ぎていまい、機能が低下してしまいます。

 

「蠕動運動」は、腸を収縮したりさせる事によって便を排出出来るように上手く筋肉を動かす機能の一つです。

自律神経が乱れてしまぅた場合、「蠕動運動」の機能自体が鈍化してしまい易く、コロコロ便秘の直接的な原因になってしまいがちです。

 

逆に交感神経が優位になってしまうと、腸が活性化し過ぎてしまい、下痢になったり、お腹がゴロゴロして気持ち悪くなったり、おならばかり出てしまう事が有ります。

「蠕動運動」は、便の長さにも関係しています。

 

一般的に健康的だと言われている便は、バナナ状の1本位だと思います。

これは、便が正常に通過している証拠です。

 

逆に、腸を通過する速度が遅いと短くなってしまいます。

理由は、腸には、便を定期的に切る場所が有るからです。

 

通過する速度が早いと長く、遅いと短くなります。

コロコロ便は、通過する速度が遅すぎる事が原因で短くなります。

 

長時間腸内に滞在してしまう事によって、便に含まれている水分が腸管に吸収され過ぎてしまい、水分含有率が下って行き、硬くなります。

実際にストレスを上手く解消するのは、本当に難しいです。

 

便秘解消情報局のスタッフ内でも、苦戦している方が多いです(笑)

それに、人によって改善出来る方法は違います。

 

まずは、毎日の食事内容を意識し、軽くでも良いので運動を取り入れ、自分に合った睡眠時間の確保、水分摂取量を増やす事を意識すると良いと思います。

並行して、腸内の善玉菌に栄養を与えて増やし、便を柔らかくする事を意識してみるのも、結果的にも良いと思います。

 

コロコロ便秘の原因が睡眠不足の場合

意外に思う方も多いのですが、睡眠不足も身体にとっては、大きなストレスの一種になってしまいます。

睡眠中は副交感神経が中心になります。

 

1日の中で、便が活発に生成される時間でもあります。

睡眠不足が続いてしまった場合、便を生成する時間が短くなる事になってしまいます。

 

便の量が不足してしまい、蠕動運動が上手く機能しにくくなってしまいます。

自分に合った睡眠時間を把握して確保する以外に解決案は有りません。

 

もしくは、出来るだけ深い眠りにつけるように、ベッドや枕を見直したり、就寝前にスマホ画面やテレビを観ないようにしたり、出来るだけリラックスする等の工夫も有効的です。

また、睡眠時間が6時間以下だと良い血液が作れないと言う研究結果も有りますので、出来るだけ睡眠不足は避けた方が良いと思います。

 

美容に関心が有る方ならご存知かも知れませんが、夜10時から深夜2時の間は、成長ホルモンが分泌される時間帯です。

出来るだけ意識して睡眠を摂った方が良いと思います。

 

コロコロ便秘の原因が腹筋や筋力の低下の場合

これも、ストレスや睡眠不足同様、蠕動運動が関係しています。

姿勢や悪かったり、慢性的な運動不足が続くと、筋肉の働きによって機能する蠕動運動も低下してしまいます。

 

便秘が続いてしまった場合、代謝機能も低下してしまいがちですので、同じ食事量でも太りやすく、痩せにくい体質になってしまいます。

●「姿勢を良くする」

●「背もたれの使用や寝転がる時間を減らす」

●「軽い運動を取り入れる」

等から始めるだけでも結果は大きく変わると思います。

 

コロコロ便秘の原因が食生活の場合

理想的な便に必要な物は、「水分」「食物繊維」「油分」です。

「腸内に存在する「善玉菌」が適切な状態なのか?」も重要です。

 

もちろん、自分に合った睡眠時間の確保、ある程度バランスを考えた食事、適度な運動、ストレスを溜め込みすぎない事等は、最低限必要です。

元々、便を構成する物質の80パーセント前後は「水分」です。

 

残りが「食べ物」「腸の粘膜」とごく僅かな「腸内細菌」です。

最近であれば、出来るだけ油を避けようとされている方も居られると思います。

 

ですが、

「便の保湿性や上手く腸内を通過出来るか?」

を考えた場合、必要不可欠です。

 

肥満等が心配な場合は、

●エキストラヴァージンオイル

●グレープシードオイル

●MCTオイル

●ココナッツオイル

でも良いので、摂取してみて下さい(ちょっと、高いですが・・・)

 

「水分」であれば、食事に含まれている水分を含めた状態で、1日3リットル位は目標にするのが理想です。

いまいちイメージが出来ない場合は、1日1,5〜2リットル位の水を飲む習慣を付けた方が良く、便秘解消情報局のスタッフ内でも硬水や炭酸水を飲むようにしています。

 

効果的なのは、食事と一緒に水分を摂取する事で、食事を水分でふやかしてあげるイメージです。

食事中以外にも水分を摂取した方が、健康には良い事は言う迄も無いとは思いますが、尿量が増えて大変なだけですので、水分摂取のバランス等を意識した上で行うようにする必要は有ると思います。

 

逆にコロコロ便秘になりやすい食事は、肉やお菓子、ファーストフード系の食品です。

「動物性タンパク質」「油脂」等のように、分解する為に悪玉菌が必要となる成分が多く含まれている食生活が続いている場合は注意が必要です。

 

また、食物繊維の摂り方によっては、状況が悪化してしまう場合も有ります。

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類が存在していますが、不溶性の食物繊維を摂り過ぎてしまうのはあまり良くありません。

 

当然、水溶性の食物繊維ばかり摂るのも考え物です。

不溶性食物繊維の多い食品は、「豆類」「芋類」「野菜類」等と幅広く含まれています。

 

ですが、

「コロコロ便秘だから◯◯を摂取しよう!」

とは考えず、あくまでバランスを意識した食事を意識する事が大切です。

 

この時に食物繊維系のサプリメントを摂取する方も多いと思いますが、期待するような効果を得られない場合が多く、普段の食事から意識して摂取した方が良いと思います。

 

コロコロ便秘の原因を根本的に改善する為に

1番難しい所かも知れませんが、自分に合った睡眠時間を確保、バランスを考えた食事、適度な運動、ストレスを溜め込み過ぎない事を意識出来ていれば、なかなかコロコロにはなりにくいです。

腸内の善玉菌を増やすサプリメントや健康食品も多数販売されている事は確かですが、これらが出来ていない場合、なかなか上手く行きません。

 

それに、お通じ系のサプリメントは、高額な物が多いですし、商品選びを間違ってしまった場合、身体に負担をかけてしまう添加物や下剤と変わらないような成分を摂取してしまい、使用前よりも状況が悪くなってしまう事さえ有る位です。

 

腸内の善玉菌を増やす事を意識した場合、先程の食物繊維以外に乳製品やビフィズス菌、整腸剤等を想像される方も多いと思います。

ですが、既に実践し、ある程度連続して使用したとしても、期待するような効果を得る事が出来なかったと言う方が大半だと思います。

 

乳製品やビフィズス菌では効果が無い理由は、胃酸にその大半を分解されてしまう事と外部から摂取した菌は、腸内で繁殖出来ない事が関係しています。

整腸剤に含まれているのも、乳製品や食物繊維、ビタミン系ですので、正直、あまり期待する事が出来ません。

 

腸を含む、消化器系の不調や病気で無い場合、睡眠、食事、運動、水分摂取、ストレスが、コロコロ便秘の原因です。

根本的な意味で改善したい場合、サプリメントや健康食品を購入する前に、これらを意識するだけでも結果は全く違うと思います。

 

もし宜しければ、「便秘薬が原因で、気がついたら下剤依存になる理由」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ