臨月に便秘薬を使用する事が不安な方へ | 便秘解消情報局

臨月に便秘薬を使用する事が不安な方へ

<スポンサーリンク>
臨月に便秘薬を使用する事が不安な方へ

臨月に便秘薬を使用しても出してしまいたい人は多いですね。

確かに、臨月は高確率で便秘になります。

 

「便秘が長期化してしまうと、悪玉菌や便自体から有毒なガスが発生してしまうので、血液中へと溶け込みながら全身へと巡り、お腹の赤ちゃんへと吸収されてしまう可能性が・・・・」

ですが、そんな事を考えているとキリが無いですし、担当の方に相談すれば妊娠中でも比較的安心な下剤か座薬を処方して頂ける筈です。

 

臨月に処方される便秘薬について

臨月に限定しませんが、妊娠中に便秘になると、危険な「ビサコジル」を使用していない「酸化マグネシウム」を使用した便秘薬を処方されるか、「レシカルボン」を使用した座薬を処方されると思います。

 

「酸化マグネシウム」(「マグミット」が主流)は大昔から便秘薬として使用されていて、手軽に手に入る商品で言うなら「3-Aマグネシア」等も人気ですね。

「レシカルボン」は「炭酸水素ナトリウム」と「リン酸」を合わせた物で、座薬として使用した場合、お腹の中で「炭酸ガス」を大量に発生させます。

 

その時の腸への刺激で腸の運動機能自体を向上させて便秘を解消させてしまう便秘薬です。

「レシカルボン」は座薬なのでガスがそれなりに出る事と、座薬の挿入には助手(!)が必要な事から使用した事が有りません。

 

また、臨月の便秘は食生活とかでは無く、腸自体がお腹の中の赤ちゃんに圧迫されていて便秘になる事も多いので、「ガスで腸を刺激してもなぁ・・・」と言うのが本音では有ります。

 

「ビサコジル」(「コーラック」が主流)のように腸を刺激して便秘を解消するタイプでは無く、腸に身体中の水分を集めてお通じを良くする便秘薬です。(「ビサコジル」を使用した便秘薬は臨月や妊娠中に使用する事は大変危険で、流産や早産の危険性が高くなりますので、間違えて購入しないようにしないと駄目ですね)

 

私の場合は少し神経質かも知れませんが、「酸化マグネシウム」がお腹の中の赤ちゃんにとって必要な水分も集めていないか不安なので、私はあまり好きでは有りません。それでも気にせずを摂る場合は、出来るだけ沢山の水分を摂ると理論的には大丈夫ですし、特に問題無く元気なお子様を出産してしている人も多いです。

 

臨月に便秘になる本当の理由は?

臨月に便秘になる理由についてですが

 

① お腹の中の赤ちゃんが大きくなって腸を圧迫してしまうから

この場合は「臨月の便秘は、毎日の規則正い食生活うんぬんかんぬん」

 

では解消出来ないのが現実だと思います。病院で処方される「酸化マグネシウム」は、一過性の下痢しか起こせずに原因自体は一切解決出来ないので、意図的に一過性の下痢を起こしてしまうか、便自体を柔らかくしてしまう必要が有ります。

 

ですが、冷たい物や刺激物は臨月には考え物なので、「腸内細菌」自体を増やしてお通じをよくしてしまう方法と、運動等で腸管自体に刺激を与える事が大切ですね。

ヨーグルトよりはオリゴ糖やオオバコの種皮を使用した物が効果的ですね。

 

オオバコの種皮が便秘に効く事に関してはそこまで有名では無いのかも知れませんが、便秘を解消する効果が高いので、特定保健用食品として厚生労働省より認められています。

 

② 妊娠中に分泌される黄体ホルモンの影響で便秘になってしまう

 

妊娠中の便秘の原因としては、「黄体ホルモンによる便秘を解消するには何が良いのか」の記事を参考にして頂けると幸いです。

また、妊娠中にサプリメントや整腸剤等では副作用等の心配が有る場合は、高純度のオリゴ糖「カイテキオリゴ」なら副作用の心配も無く安心して飲む事が出来ます。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ