黄体ホルモンによる便秘を解消するには何が良いのか | 便秘解消情報局

黄体ホルモンによる便秘を解消するには何が良いのか

<スポンサーリンク>
黄体ホルモンによる便秘を解消するには何が良いのか

生理中や妊娠中等は黄体ホルモンが通常よりも多く分泌されますので、同時に便秘になり易い体質になってしまいます。便秘を解消したくても、妊娠中は下剤は勿論駄目ですし、成分をしっかり見ないと健康食品や便秘茶も危険な場合が有ります。

 

黄体ホルモンには、妊娠に関係する働きだけでも、

① 妊娠前に高めの体温を一定期間以上維持する働き

② 受精卵が安全に着床出来るように、子宮内膜を柔らかいクッションのようにする働き

③ 妊娠中に胎盤を理想的な状態に調整させる働き

④ 妊娠直後は育児に専念出来るように子宮内を調整する働き

等が有ります。

 

一刻も早く便秘を解消したい人からすれば忘れがちですが、黄体ホルモンには非常に素晴らしい働きが有ると言う訳ですね。

 

黄体ホルモンが出ている時に便秘解消するには?

先ほどでも触れましたように、黄体ホルモンには子宮の働きを抑える事と動時に、腸の機能の働きまでも抑える働きが有り、便秘になり易い状態になります。

 

同時に羊水や胎盤、赤ちゃんに十分な水分を供給する為に、身体中の水分を子宮等に供給しようとする働きも有り、より便秘になり易い状態になり、ホルモンバランスも崩れ易いので便秘解消したいと余計にイライラしてしまいます。

 

黄体ホルモンが出やすい時期に一刻も早く便秘解消するには、

 

● 余計な混ぜ物がされていない高純度のオリゴ糖を食べる

便秘解消系サプリメントや便秘茶は、キャンドルブッシュやセンナ等のように、腸を強制的に収縮させる働きの有る成分が含まれている場合が多く、同時に子宮等も収縮してしまう可能性が高いので危険です。

 

また、マグネシウム系のサプリメントや便秘薬も、身体中の水分を腸内へと無理矢理水分を集めてしまいますので、胎盤や赤ちゃんへの水分をも奪う可能性が有るので危険です。

 

高純度のオリゴ糖なら、腸へと届いた時に善玉菌を増やす事が目的なので、子宮や赤ちゃんに影響を及ぼす事はあり得ません。

 

また、赤ちゃんの便秘を解消する時にも有効です。

オリゴ糖の副作用については、「オリゴ糖には害は無いの?毎日飲む人が知っておきたい事」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

● 水分をしっかり摂る事

黄体ホルモンは腸の機能を抑える働きの他に、身体中の水分を子宮や胎盤へと集める働きが有りますので、いつもと同じ量の水分ではすぐに便秘になってしまいます。

効率的に便秘解消するには普段よりも沢山の水分を摂る事が必要です。

 

● ビフィズス菌と食物繊維もしっかりと

普段の食事からヨーグルトからビフィズス菌を摂り、野菜等から食物繊維を摂る事は非常に大切ですが、「低脂肪」タイプのヨーグルトを妊娠中に摂る事は絶対に避けて下さいね。
 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ