オリゴ糖が糖質制限に良い4個の理由と、気をつけるべき2箇条 | 便秘解消情報局

オリゴ糖が糖質制限に良い4個の理由と、気をつけるべき2箇条

<スポンサーリンク>
オリゴ糖が糖質制限に良い4個の理由と、気をつけるべき2箇条

オリゴ糖が糖質制限中に有効的な理由は沢山あります。

今記事では、オリゴ糖が他の糖質よりもどれ位安全なのかについてと、制限中に陥りやすい間違いや不安、よく頂く質問等を簡単ですがまとめさせて頂きました。

 

オリゴ糖が糖質制限中に良い4つの理由

 

◯ 砂糖やブドウ糖とは違い、糖質制限中でも使用出来る

オリゴ糖は単糖類と呼ばれる種類で、砂糖のように多糖類では有りません。

なので、私達の身体では分解や吸収する事は出来ませんので、糖質制限中でも使用出来ます。

 

よくパルスイート等と比較される事が有りますが、パルスイートのように人工で有害な物質では無く、甜菜やサトウダイコン、ビーツから抽出して生成された成分なので、副作用も無く赤ちゃんでも安心して飲むことが出来ます。

 

当たり前の話なので恐縮なのですが、糖質制限中は砂糖やブドウ糖を使用する事は出来ません。

ここで低血糖症状等の不安が有るのかも知れませんが、私達は糖質を摂らなくても、体内で「糖」を生成する事が出来ます。

 

また、後述させて頂きますが、「低血糖症状」が起きる事は稀で、「低カロリー」による体調不良がほとんどです。

 

◯ 糖質制限中に必ずと言って良い程起きやすい便秘を解消出来る

糖質制限中は糖質だけでは無く、食事自体が少なくなっている事や、食事内容が大きく変化してしまっていると思います。

 

その事が原因で腸内環境自体が大きく変化してしまっている為、便秘や下痢を引き起こしやすいです。

これは、砂糖や脂、揚げ物や肉類等を分解して増殖する「悪玉菌」が減少してしまっていたり、野菜や食物繊維等を減らしてしまった事によって「善玉菌」が減少してしまった事が考えられます。

 

納豆や大豆等、カボチャやサツマイモ等から食物繊維を摂る事が出来ますし、天然の糖を摂ることが可能です。

また、ヨーグルトやオリゴ糖、寒天や生野菜、生のフルーツ等も有効的ですね。

 

オリゴ糖はヨーグルトに含まれている乳酸菌のように熱や酸で簡単に分解されてしまう訳では無いので、味噌汁等の料理に加えても問題有りませんし、腸内の善玉菌に直接届き、栄養となるので一番確実です。

 

◯ 副作用の心配等も無く、糖質制限中の食事制限等のストレスが緩和される

糖質制限中は食事や甘いものが好きな人からすれば、なんだか物足りない気持ちでいっぱいになります。

 

高純度オリゴ糖は砂糖等のように血糖値等が上がりませんので、午後の紅茶等でリラックスしたい時にも最適です。

味自体も上品なので、優しく潤してくれる感じです。

 

ですが、摂り過ぎてしまうと、一過性の下痢を起こしてしまう可能性が高いので摂り過ぎには注意して下さい。

 

◯ 美容や肌トラブルにも良い(糖質制限中は肌トラブルが多い)

 

肌荒れや体調不良、アレルギー症状やイライラしたストレス等は、便秘と深く関係している場合が多いです。

特に糖質制限中は便秘になり易く、肌や髪、内蔵に必要も必要は「脂質」「良質なタンパク質」等が不足してしまいがちです。

 

また、悪玉菌が増殖する時にガスが発生し、その事が原因で腸内で生成される「免疫機能」が過剰分泌されてしまい、花粉症等のアレルギー症状が出てしまい、ニキビや吹き出物、アトピー等の皮膚トラブルが起きやすい状態になります。
純度の重要性に関しては、「高純度オリゴ糖で無いと何故駄目なのか?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

糖質制限中に陥りやすい不安や勘違いについて

 

◯ 身体の異臭

糖質制限中は体内の「ケトン体」と呼ばれる物質が原因で異臭を放つ事が有ります。

これは、糖質制限が出来ている証拠なので、特に心配する必要は有りません。

通常、3~6ヶ月で無くなります。

 

「ケトン体」は肝臓が食事等による脂肪を分解する時に発生する分解で、「アセトン」「アセト酢酸」「ベータ-ヒドロキシ酪酸」の事で、「ケトン体」と言う物質が有る訳では有りません。

 

◯ めまい、ふらつき等の体調不良

糖質制限中は急激なカロリー不足が原因でめまいやふらつき、時には頭痛がしてしまいます。

これらは「低血糖症状」とは違いますので、「脂質」や「高タンパク」を意識した食事をする事で回避出来ます。

 

また、無意識の内に糖質を摂ってしまっている場合も、体調不良が起きてしまいますので、もう一度食事内容の見直しをしても良いと思います。

 

市販のオリゴ糖の中には、シロップや「合成オリゴ糖」等が含まれている場合が多く、糖質制限中には逆効果になる可能性が有ります。

「カイテキオリゴ」のように、高純度のオリゴ糖を選ぶようにして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事も>

コメントを残す

このページの先頭へ